高血圧治療薬・アイミクスの副作用、効果、薬価などを解説します。

アイミクスの副作用

アイミクスには、以下のような副作用があります。

発疹、かゆみ、蕁麻疹、光線過敏症、多形紅斑、血管炎、関節痛、筋痙攣、背部痛、筋肉痛、筋力低下、貧血、紫斑、浮腫、動悸、ほてり、頻脈、起立性低血圧、心房細動、胸痛、血圧低下、逆流性食道炎、下痢、口内炎、便秘、胃腸炎、悪心、胸やけ、口渇、消化不良、もうろう感、不眠、めまい、ふらつき、頭痛、倦怠感、視力異常など

 

ここで、聞き慣れない症状や疾患がある場合は、以下の記事をチェックしてみてください。

次の記事では、薬の副作用で現れる症状についてより詳しく説明しています。

薬の副作用まとめ

 

アイミクスの重大な副作用

アイミクスには、次のような重大な副作用が起こることがあります。

血管浮腫、高カリウム血症、ショック、失神、意識消失、腎不全、肝機能障害、黄疸、低血糖、横紋筋融解症、血小板減少、白血球減少、房室ブロック

 

こちらも、聞き慣れない症状や疾患がある場合は、以下の記事をチェックしてみてください。

薬の副作用まとめ

 

アイミクスの働き

アイミクスは、イルベサルタンとアムロジピンベシル塩酸塩という2つの成分を配合した血圧降下薬です。

まず、イルベサルタンは、強力な血管収縮作用を持つアンジオテンシンという体内物質の働きを妨害し、血管を広げることで血圧を下げる効果があります。

そして、アムロジピンベシル塩酸塩は、血管を収縮させるカルシウムが血管の平滑筋細胞に流入するのを防ぎ、冠血管や末梢血管を広げて、血圧を下げる作用があります。

 

これら2つの成分を配合したことで、より高い降圧効果が期待できます。

また、作用には持続性があり、心臓や腎臓への負担も軽減されると言われています。

使用上の注意

アイミクスを使用する際の注意点についてまとめておきます。

使用してはいけない人

以下に該当する人は、アイミクスを使用できません。

  • 本剤の成分またはジヒドロピリジン系化合物でアレルギー反応を起こしたことがある人
  • 妊婦または妊娠している可能性のある人
  • アリスキレンフマル酸塩を服用している糖尿病の人

 

使用に注意が必要な人

以下に該当する人は、アイミクスの使用に際して注意が必要です。

  • 両側性腎動脈狭窄のある人
  • 片腎で腎動脈狭窄のある人
  • 高カリウム血症の人
  • 重い腎機能障害のある人
  • 肝機能障害のある人
  • 脳血管障害のある人
  • 高齢者

 

服用方法

1日1回1錠を服用します。

高血圧治療の第一選択薬としては使用しません。

 

併用してはいけない薬

併用してはいけない薬は、特にありません。

ただし、併用する薬があるときは、念のために処方医に相談してください。

 

その他の注意点

めまいなどが起こることがあるので、車の運転など機械の操作には注意してください。

一過性の急激な血圧低下を起こす恐れがあるので、異常が現れたら、ただちに使用を中止して、医師に報告してください。

特に、血液透析中の人、利尿降圧剤を服用中の人、厳重な減塩療法中の人は注意してください。

アイミクスの薬価

アイミクスの薬価は以下の通りです。

アイミクス配合錠HD:1錠 148.6円

アイミクス配合錠LD:1錠 128.2円

 

sponsored link