Pocket
LINEで送る

「どろあわわを使っているのに、毛穴の黒ずみが取れない!」

「角栓が全く取れない」

 

どろあわわの評判を口コミサイトで調べると、上記のような意見が散見されます。

 

どろあわわにはマリンシルトやベントナイトなどの脱脂力の高い成分が含まれているので、成分的には毛穴の皮脂づまりに効果はあるはずです。

実際に、口コミサイトでは毛穴の黒ずみが綺麗になったとの声も多くあがっています。

ただ、効果的に毛穴の皮脂づまりを解消するには、洗顔前の準備が大事になります。

 

ある一手間を加えるだけで、角栓が格段に落としやすくなるのです。

今回は、どろあわわで毛穴の黒ずみや角栓を効率よく落とす方法について解説します。

どろあわわの効果的な使い方を知りたい方はぜひチェックしてみてください。

 

どろあわわの効果的な使い方

結論から言うと、どろあわわで角栓や毛穴の皮脂汚れを解消するには、洗顔前に蒸しタオルでしっかりと毛穴を開かせておくことが大切です。

洗顔前に蒸しタオルを顔に約1分ほどのせておくことで、毛穴が開き、汚れや皮脂を浮き出させることができます。

 

また、毛穴が開くことで、詰まった角栓も取れやすくなります。

この状態にしてから洗顔することで、どろあわわの洗浄力がより発揮されるのです。

 

そもそも、黒ずみ毛穴や角栓に悩んでいる人の肌は、角質層が乾燥したり、硬化したり、厚くなったりなどのトラブルを起こしていることが多いです。

また、間違ったスキンケアによって毛穴の出口が炎症を起こして狭くなっていたり、皮脂分泌が過剰になっていたり、本来剥がれ落ちるべき古い角質がそのまま皮膚にとどまってしまっていることもあります。

このため、毛穴の出口に古い角質が詰まりやすく、古い角質が毛穴を塞ぐと、毛穴の中の皮脂が排出されにくくなります。

 

ここで、古い角質と皮脂が混ざると、角栓が形成されます。

また、この角栓に含まれる皮脂が肌表面で空気に触れて酸化すると、黒ずんでしまい、毛穴の黒ずみとなります。

毛穴に詰まった角栓は硬化し、周りの角質層も硬くなっているので、毛穴から抜けにくくなっています。

 

この状態で脱脂力の高い洗顔料を使ったとしても、角栓を取り除くのは難しいです。

毛穴から顔を覗かせている一部分は、スクラブなどで削り落としたりできるかもしれませんが、毛穴にすっぽりと詰まった頑固な角栓を根こそぎ抜き出すのは困難です。

そこで、先に説明したように、蒸しタオルで毛穴を開かせて、角栓と毛穴の出口に隙間をつくり、洗顔料の有効成分が毛穴に侵入しやすい状態をつくることが大切なのです。

 

まとめ

「脱脂力の高い洗顔料を使っているのに、毛穴の黒ずみや角栓が取れない」

 

このような方は、まずは洗顔前の蒸しタオルを実践してみてください。

注意点としては、肌のターンオーバーは正常な人で約1ヶ月間なので、今のスキンケアの効果が現れるのは最短で1ヶ月です。

蒸しタオル法は少なくとも1ヶ月は継続しましょう。

 

公式サイト⇒どろあわわで今すぐ肌ケアして、ベタつきやくすみから解放され、スベスベのしっとり肌を手に入れる!
どろあわわ

Pocket
LINEで送る