Pocket
LINEで送る

スキンケア商品は、薬事法によって医薬品、医薬部外品、化粧品のいずれかに分類されます。

そして、効果効能は、医薬品 > 医薬部外品 > 化粧品の順番となります。

 

まず、医薬部外品は、防止・衛生を目的に作られています。

厚労省が許可した有効成分が一定濃度で配合されており、医薬品よりも人体に対する作用が穏やかなものを指します。

そのため、「肌荒れを防ぐ」、「にきびを防ぐ」、「シミ・ソバカスを防ぐ」、「皮膚を殺菌する」など、効果のある有効成分を含むので、パッケージにてその旨を訴求できます。

 

一方、化粧品は、医薬部外品よりも効能・効果がさらに緩やかで、清潔にしたり、美化したり、健やかな状態を維持するなどの目的で使用される製品です。

医薬部外品のような「にきびを防ぐ」などの効能・効果は許可されていないので、パッケージにて表現することはできません。

 

スキンケア商品を購入するときは、パッケージをよく見て、目的に沿ったものを購入するようにしてください。

Pocket
LINEで送る