Pocket
LINEで送る

副腎皮質ホルモン配合剤・セレスタミンの副作用や効果などについてまとめておきます。

セレスタミンの副作用

セレスタミンには、以下のような副作用があります。

鎮静、神経過敏、焦燥感、多幸症、複視、頭痛、頭重感、めまい、耳鳴り、情緒不安、ふるえ、感覚異常、不眠、眠気、口渇、胸やけ、腹部膨満感、腹痛、吐き気、嘔吐、下痢、便秘、頻尿、排尿困難、動悸、頻脈、貧血、筋肉痛、関節痛、満月様顔貌、むくみ、血圧上昇、多毛、脱毛、にきび、色素沈着、紫斑、かゆみ、発汗異常、顔面紅斑、発熱、疲労感、倦怠感、体重増加、月経異常などが起こることがあります。

 

また、感染症にかかりやすくなったり、骨折しやすくなったり、消化性潰瘍、高血圧症、糖尿病のある人などは症状を悪化させることあります。

 

セレスタミンの重大な副作用

セレスタミンには、次のような重大な副作用が起こることがあります。

うつ状態、眼圧亢進、誘発感染症、感染症の憎悪、けいれん、血栓症、骨粗鬆症、骨頭無菌性壊死、再生不良性貧血、錯乱、消化性潰瘍、膵炎、精神変調、糖尿病、白内障、副腎皮質機能不全、無顆粒球症

 

 

 

 

セレスタミンの効果

炎症を強力に抑える副腎皮質ホルモン剤と、アレルギーを抑える抗ヒスタミン剤の配合剤で、蕁麻疹、湿疹、皮膚炎、アレルギー性鼻炎などを改善します。

アレルギー症状を抑えるとともに、副腎皮質ホルモン剤の使用量を減らす目的で用いられます。

使用上の注意

セレスタミンを使用する際の注意点についてまとめておきます。

使用してはいけない人

以下に該当する人は、セレスタミンを使用できません。

  • セレスタミンで過敏症を起こしたことがある人
  • 緑内障、有効な抗菌剤がない感染症、全身の真菌症、結核性疾患、消化性潰瘍、精神病、単純疱疹性角膜炎、後のう白内障、高血圧症、電解質異常、血栓症のある人
  • 下部尿路に閉塞性疾患(前立腺肥大など)のある人
  • 細菌おこなった内蔵の手術創のある人
  • 急性心筋梗塞を起こした人

 

使用に注意が必要な人

以下に該当する人は、セレスタミンの使用に際して注意が必要です。

  • 感染症、糖尿病、骨粗鬆症、腎不全、甲状腺機能低下、肝硬変、脂肪肝、脂肪塞栓症、重症筋無力症のある人
  • 妊婦

 

服用方法

1回1~2錠を1日1~4回服用します。

シロップは1回5~10mlを1日1~4回服用します。

 

併用してはいけない薬

併用してはいけない薬は、特にありません。

ただし、併用する薬があるときは、念のために処方医に相談してください。

 

その他の注意点

連用中に急に服薬を中止すると、発熱、頭痛、脱力感、筋肉痛、関節痛、ショックなどが現れることがあるので、自己判断で服用をやめてはいけません。

眠気が起こることがあるので、車の運転や危険作業は避けましょう。

飲酒により作用が増強する恐れがあります。

 

セレスタミンの薬価

セレスタミンの薬価は以下の通りです。

1錠 9.9円

 

まとめ

現在、日本で発売されている副腎皮質ステロイド薬は、コルチゾン酢酸エチル、ヒドロコルチゾン、デキサメタゾン、トリアムシノロン、ベタメタゾン、プレドニゾロンなどです。

薬のなかでも、使い方が最も難しいものの一つで、細菌による感染症を誘発したり、胃・十二指腸潰瘍、糖尿病、副腎機能の低下、精神障害などを起こすことがあるので、次のことに注意します。

  • 他に適当な治療法があるときは、なるべく使わないようにします
  • 本剤を服用しているときは、副作用の出現に十分に注意し、ストレスにさらされないようにし、服用中に事故にあった場合はすぐに処方医に連絡します。
  • 急に服用をやめると、熱が出たり、頭痛、食欲不振、脱力感、筋肉痛、関節痛、ショック症状が起こることがあるので、自分勝手に服用を中止してはいけません。

 

また、副作用では眠気が起こりやすいので、機械の操作など危険作業は避けましょう。

sponsored link

Pocket
LINEで送る