Pocket
LINEで送る

ヘリコバクター・ピロリ除菌剤であるクラリスロマイシンの副作用、効果、使用上の注意などについて解説します。

クラリスロマイシンの副作用としては、下痢と吐き気が多いようです。

クラリスロマイシンの副作用

クラリスロマイシンには、以下のような副作用があります。

発疹、下痢、悪心、嘔吐、腹痛、吐き気、胃の不快感、腹部膨満感など

 

クラリスロマイシンの重大な副作用

クラリスロマイシンには、次のような重大な副作用が起こることがあります。

横紋筋融解症、間質性肺炎、肝機能障害、偽膜性大腸炎、血小板減少症、再生不良性貧血、催不整脈、出血性大腸炎、ショック、中毒性表皮壊死症、トルサード ド ポアンツ、スティーブンス・ジョンソン症候群、多形紅斑、けいれん

 

ここで、気になる副作用がある場合は、以下の記事にて調べてください。

次のページでは、薬の副作用について、詳細に解説しています。

薬の副作用まとめ

 

クラリスロマイシンで下痢が起こる理由

マクロライド系抗菌薬の服用で下痢が生じるのは、次の2つの理由からです。

  • 消化管への刺激
  • 腸内細菌のバランスの乱れ

マクロライド系抗菌薬を服用すると、消化管が刺激され、腸管の運動に乱れが生じ、水分が吸収されないまま、便として排泄されるので、下痢が生じます。

また、腸内細菌のバランスが崩れ、悪玉菌が優勢な状態となり、腸管粘膜に障害が生じることで、下痢が起こります。

 

なお、消化管刺激への対処法としては、消化管運動調律剤などを投与する方法があります。

また、腸内細菌のバランスの乱れについては、整腸剤の服用が挙げられます。

 

下痢の症状については、その人の免疫力や体質なども影響するので、抗生物質を飲んでも、お腹がゆるくなるだけで、下痢を起こさない人もいます。

水下痢のような、ひどい下痢が続く場合は、抗生物質の種類を変えるなどの対処も必要なので、処方医に相談してください。

 

次に、クラリスロマイシンの効果や働きについて解説します。

 

クラリスロマイシンの働き

細菌の成育に必要なタンパク質の合成を妨害し、細菌の増殖を抑えます。

ブドウ球菌、レンサ球菌、インフルエンザ菌、マイコプラズマ、クラミジアなどに効力を示し、呼吸器、泌尿生殖器、皮膚、耳、鼻などの感染症を改善します。

胃、十二指腸潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリ感染や後天性免疫不全症候群にともなう播種性マイコバクテリア感染症にも用いられます。

 

クラリスロマイシンは、以下の病気に効果を発揮します。

 

毛嚢炎、おでき、丹毒、蜂巣炎、リンパ管炎、リンパ節炎、化膿性爪囲炎、皮下腫瘍、汗腺炎、にきび、感染性粉瘤、慢性膿皮症、肛門周囲潰瘍、外傷・やけど・手術創の表在性二次感染、

咽喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、慢性気管支炎、びまん性汎細気管支炎、

気管支拡張症の感染、慢性呼吸器疾患の二次感染、肺炎、肺化膿症、非淋菌性尿道炎、

カンピロバクター腸炎、子宮頸管炎、中耳炎、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、

猩紅熱、百日咳、後天性免疫不全症候群にともなう播種性マイコバクテリア感染症、

胃・十二指腸潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリ感染

このように、クラリスロマイシンは様々な感染症や疾患に効果を発揮しますが、膀胱炎にはあまり効果ないことが知られています。

そこで、次はクラリスロマイシンの膀胱炎の改善効果が低い理由について解説します。

sponsored link

クラリスロマイシンは膀胱炎に効かない

クラリスロマイシンは、尿道炎には効果を示すものの、膀胱炎にはほとんど効果がないとされています。

膀胱炎の原因となる細菌は約80%が大腸菌です。

大腸菌によく効くのは、クラリスロマイシンのようなマクロライド系抗菌薬ではなく、ペニシリン系であると言われています。

ペニシリン系の抗生物質にアレルギーがなければ、膀胱炎にクラリスロマイシンが処方されることはほとんどありません。

 

ちなみに、クラリスロマイシンが膀胱炎に効かないのは、次のような理由からです。

  • 間質膀胱炎にかかっている
  • クラリスロマイシンの耐性菌が原因の膀胱炎である

まず、間質膀胱炎は、原因が細菌ではなく、ストレスや食生活などにあります。

抗生物質は、細菌の増殖を抑制したり、細菌を死滅させるものなので、当然ながら間質膀胱炎には効果がありません。

 

次に、クラリスロマイシンの耐性菌が膀胱炎の原因となっている場合、この薬に耐性があるため、効果を示しません。

マクロライド系の抗生物質は、その中の一種類の薬に耐性菌ができると、他のマクロライド系の薬も効果を示さなくなってしまうというデメリットがあります。

 

続いて、クラリスロマイシンによるクラミジアの治療について説明します。

 

クラリスロマイシンによるクラミジア治療

クラミジアの治療には、クラリスロマイシンなどの抗生剤が用いられます。

クラリスロマイシンの場合、約2週間の内服で約90%の除菌率(有効性)が確認されています。

ただし、治療途中で飲酒すると、治癒率が下がるので注意が必要です。

また、内服中に新しく性交渉を持つと、再感染する恐れがあります。

 

次に、クラリスロマイシンを服用する際の注意点について解説します。

 

使用上の注意

クラリスロマイシンを使用する際の注意点についてまとめておきます。

使用してはいけない人

以下に該当する人は、クラリスロマイシンを使用してはいけません。

  • 本剤でアレルギー反応を起こしたことがある人
  • シサプリド(消化管運動改善剤)またはピモジド(強力な精神安定剤)を服用している人

 

使用に注意が必要な人

以下に該当する人は、 クラリスロマイシンの使用に際して注意が必要です。

  • 他のマクロライド系薬剤でアレルギー反応を起こしたことがある人
  • 肝機能障害、腎機能障害、心疾患のある人
  • 妊婦

 

用法・用量

1回200mgを1日に2回服用します。

小児は、10~15mg/kg(体重)を2~3回に分けて服用します。

 

後天性免疫不全症候群にともなう播種性マイコバクテリア感染症の場合、1回400mgを1日2回服用します。

小児は、7.5mg/kg(体重)を1日2回服用します。

sponsored link

併用してはいけない薬

クラリスロマイシンは、以下の薬と併用してはいけません。

 

エルゴタミン含有製剤(エルゴタミン酒石酸塩、ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩)

四肢の虚血、血管れん縮などの重い副作用を起こす恐れがあります。

 

ピモジド

QT延長、心室頻拍、心室細動などの不整脈が現れることがあります。

 

タダラフィル

本剤との併用により、作用が増強する恐れがあります。

 

アスナプレビル

肝臓に関連した副作用が発現し、重症化する危険があります。

 

バニプレビル

悪心、嘔吐、下痢の発現が増加する恐れがあります。

 

スボレキサント

本剤との併用により、作用が著しく増強する恐れがあります。

 

授乳中は服用を避ける

クラリスロマイシンは、母乳中に移行することが報告されているので、授乳婦が服用するときは、授乳を中止してください。

 

 

 

次に、クラリスロマイシンの薬価についてまとめておきます。

 

クラリスロマイシンの薬価

クラリスロマイシンは、ジェネリック医薬品であり、いくつかの製薬メーカーが同じ名前の商品を販売しています。

クラリスロマイシンの薬価は以下の通りです。

200mg 1錠 33.5~43円

50mg 1錠(小児用) 22.8~29.2円

 

なお、クラリスロマイシンの先発品は、クラリシッドとクラリスであり、薬価は次の通りです。

クラリシッド

200mg 1錠 77.4円

50mg 1錠(小児用) 52.3円

 

クラリス

200mg 1錠 75.1円

50mg 1錠(小児用) 49.5円

 

クラリスロマイシンには、小児用のドライシロップ剤もあり、小児の感染症に用いられます。

そこで、次はクラリスロマイシンの小児への服用方法について解説します。

クラリスロマイシンDSを小児に上手に飲ませる方法

クラリスロマイシンのドライシロップ剤にクラリスロマイシンDSという商品があります。

こちらは、感染症にかかった小児に処方されることがあります。

ただし、クラリスロマイシンDSは、苦味が出やすいので、そのまま水に溶かして飲ませようとしても、子供に嫌がられる可能性があります。

 

そもそも、クラリスロマイシンDSは苦味の強い粉末を甘味成分でコーティングしています。

しかし、口の中でしばらく味わったり、噛み砕いたりするなどして、飲み込むまでにモタモタしていると、甘味コーティングが溶けて、苦味成分が出やすくなります。

そこで、子供にクラリスロマイシンDSをスムーズに服用してもらう方法を紹介します。

 

まず、以下のような飲み物に混ぜることで、苦味を感じづらくなります。

  • 牛乳
  • ココア

また、次のような食べ物に混ぜて食べるのもおすすめです。

  • バニラアイス
  • プリン
  • 練乳

これらの食べ物であれば、噛まずに飲み込めますし、子供の好物であることが多いので、すんなりと服用してもらえるはずです。

そして、服用後に、水を口に含んで、口の中の食べかすと一緒に飲み込めば、薬が口内に残ることもありません。

 

ここで、注意点としては、クラリスロマイシンDSの甘味コーティング剤は、酸に弱いので、以下のような食べ物、飲み物と一緒に服用しようとすると、苦味成分が口の中に溶け出す恐れがあります。

  • 果物ジュース
  • スポーツ飲料

そのため、酸性食品や酸性飲料水との飲み合わせは避けてください。

sponsored link

Pocket
LINEで送る