Pocket
LINEで送る

サインバルタ(成分名:デュロキセチン)は、セロトニンとノルアドレナリンという神経伝達物質の濃度を高めることで、意欲低下、気力減退、不安、落ち込みなどの症状を改善する抗うつ薬です。

今回は、サインバルタの副作用、効果、離脱症状などについてまとめておきます。

サインバルタの副作用

サインバルタには、以下のような副作用があります。

発疹、そう痒、蕁麻疹、接触性皮膚炎、光線過敏反応、斑状出血、血管浮腫、倦怠感、ほてり、発熱、悪寒、脱力感、脱水、頭痛、めまい、不眠、傾眠、立ちくらみ、焦燥感、気分高揚、浮遊感、注意力障害、不安、悪心、便秘、下痢、嘔吐、腹部膨満など

 

 

サインバルタの重大な副作用

サインバルタには、次のような重大な副作用が起こることがあります。

セロトニン症候群、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、けいれん、幻覚、肝機能障害、肝炎、黄疸、スティーブンス・ジョンソン症候群、アナフィラキシー反応、高血圧クリーゼ、尿閉、悪性症候群

 

ここで、聞き慣れない症状や疾患がある場合は、以下の記事をチェックしてみてください。

次の記事では、これらの副作用についてより詳しく説明しています。

薬の副作用まとめ

 

サインバルタの働き

サインバルタは、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬であり、両方の濃度を増加させる働きがあります。

ノルアドレナリンは、積極性の元となる、気力、活力に関与する物質で、これが減少すると意欲や行動力が低下してきます。

セロトニンが減少すると、不安や落ち込み、焦燥感という症状が出やすくなります。

 

サインバルタは、セロトニンとノルアドレナリンの濃度を高めることで、脳神経の働きを促し、神経の伝達をよくすることで不安な気持ちを和らげ、意欲を高めてうつ病やうつ症状を改善します。

1日1回の服用で効果が期待でき、口渇や便秘などの副作用が少ないとされています。

sponsored link

サインバルタの効果効能

ここでは、サインバルタの効果効能について解説します。

効能

サインバルタは、以下の疾患や症状の改善に用いられます。

うつ病、うつ状態、糖尿病性神経障害に伴う疼痛、線維筋痛症に伴う疼痛、慢性腰痛症に伴う疼痛、変形性肩関節症に伴う疼痛

 

効果発現時間、持続時間

サインバルタの効果が現れるまでにかかる時間は、最高血中濃度到達時間tmaxが目安となります。

また、効き目の持続時間は、半減期t1/2(薬の血中濃度が最大に達してから、半減するまでにかかる時間)が目安です。

サインバルタの添付文書には、tmaxとt1/2について次のように記載されています。

 

%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%80%80%e8%96%ac%e7%89%a9%e5%8b%95%e6%85%8b

参考:https://www.lilly.co.jp/_Assets/pdf/lillyanswers/products/tenpu_cym.pdf#search=%27%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%BF+%E6%B7%BB%E4%BB%98%E6%96%87%E6%9B%B8%27

 

よって、最高血中濃度到達時間tmaxは平均7.5時間、半減期t1/2は平均15.34時間と分かります。

つまり、効果の発現は服用から7.5時間後、効き目の持続時間は15.34時間がおおよその目安となります。

 

ただし、抗うつ薬が安定して効果を発揮するためには、一般的に1~2週間ほどかかります。

正しい用法、用量で薬を服用していくことで、徐々に体内に薬がたまっていき、安定した効果を得られるようになります。

サインバルタの添付文書には、以下のように記載されています。

血漿中濃度推移は反復投与により上昇し 7 日目における Cmax,AUCは初回投与時と比べて増大したが,投与 7 日目には定常状態に達していた。

参考:https://www.lilly.co.jp/_Assets/pdf/lillyanswers/products/tenpu_cym.pdf#search=%27%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%BF+%E6%B7%BB%E4%BB%98%E6%96%87%E6%9B%B8%27

 

よって、サインバルタの効果が安定して現れるまでには、少なくとも1週間はかかると考えられます。

 

使用上の注意

サインバルタを使用する際の注意点についてまとめておきます。

使用してはいけない人

以下に該当する人は、サインバルタを使用できません。

  • モノアミン酸化酵素阻害剤を服用中または服用中止後2週間以内の人
  • 重い肝障害または腎障害のある人
  • コントロールのできない閉塞隅角緑内障の人
  • 本剤で過敏症を起こしたことがある人

 

使用に注意が必要な人

以下に該当する人は、サインバルタの使用に際して注意が必要です。

  • 排尿困難、高血圧、心疾患、緑内障、眼内圧亢進のある人
  • 軽度から中程度の肝障害または腎障害のある人
  • 過度にアルコールを摂取している人
  • 自殺念慮またはその既往歴のある人
  • 躁うつ病の人
  • 脳の器質的障害または統合失調症の素因のある人
  • 動性が高い併存障害のある人
  • けいれん性疾患またはその既往歴のある人
  • 出血性疾患の既往歴または出血性素因のある人

 

 

服用方法

1日20~60mgを朝食後に1回服用します。

空腹時に服用すると、吐き気や嘔吐が強く現れる恐れがあるので、空腹時の服用は避けてください。

症状に合わせて服用量が調整されているので、指示された用法、用量を厳守しましょう。

 

また、服用を突然中止したりすると、異常が現れることがあるので、自己判断で服用を中止しないでください。

併用してはいけない薬

モノアミン酸化酵素阻害剤と併用してはいけません。

本剤または他の抗うつ薬で、併用により発汗、不穏、全身けいれん、異常高熱、昏睡などの症状が現れたとの報告があります。

 

その他の注意点

その他の注意点についてまとめておきます。

自殺念慮、自殺企図

うつ病のある人は、自殺企図の恐れがあるので、家族など周りの人は医師と緊密に連絡を取り合うようにしてください。

服用後に自殺念慮や興奮、攻撃性、易刺激性など行動の変化が現れることがあるので、家族などが医師からそのリスクについて十分に説明を受けてから使用を開始してください。

 

危険作業の中止

めまいなどが起こることがあるので、服用後は車の運転や危険な作業は避けましょう。

sponsored link

サインバルタの離脱症状と対策

抗うつ薬の服用を急に中止したり、減量したりすると、以下のような離脱症状が現れることがあります。

イライラ、ソワソワ、無気力、頭痛、肩こり、不眠、筋肉の痙攣、不安、焦燥、興奮、めまい、しびれ、ふらつき、ふるえ、発汗、動悸、耳鳴り、吐き気など

 

そして、次の項目に当てはまる場合は、離脱症状が起こりやすいとされています。

  • 半減期が短い
  • 薬の効果が強い
  • 服用量が多い
  • 服用期間が長い
    etc

 

サインバルタは、前述の通り半減期が平均15.34時間と比較的短く、薬の強さも比較的強いので、離脱症状は起こりやすいです。

また、サインバルタはカプセル剤しかなく、錠剤のように半分に割るなどの細かな用量調整ができないので、減量する際に離脱症状が現れやすいのです。

 

ここで、代表的な抗うつ薬の半減期をチェックしておきましょう。

まず、ジェイゾロフトやレクサプロなどの半減期の長い薬は、薬が身体からゆっくりと抜けていくため、離脱症状は起こりにくいとされています。

反対に、パキシル、ルボックス、イフェクサーなどは離脱症状が起こりやすいです。

 

離脱症状が現れた場合は、次のような対処法があります。

  • 減薬中なら様子を見る
  • 減量ペースを落とす
  • 減薬を延期する
  • 離脱症状が起こりにくい薬に切り替える

※いずれの方法も自己判断で行ってはいけません。

必ず処方医に相談してください。

 

 

減薬中なら様子を見る

離脱症状に耐えられそうな場合や、日常生活に支障がなければ、しばらく様子を見るのもひとつの方法です。

個人差はあるものの、一般的には1~2週間で症状が治まることが多いとされています。

 

減量ペースを落とす

減薬のペースをゆるやかにすることで、服用量の急激な変化による身体への負担を軽減することができます。

減薬のペースを落とした方が、結果的に早く薬を辞められることは多いのです。

 

減薬を延期する

病気がもっとよくなるまで、減薬を延期すると、うまくいくことがあります。

急いで減薬する必要がない場合は、しばらく様子を見て、うつ病の症状が治ってから、減薬すると離脱症状を回避できることがあります。

 

離脱症状が起こりにくい薬に切り替える

 

ジェイゾロフトやレクサプロなどの離脱症状が起こりにくい薬に切り替えるのも有効です。

 

サインバルタの薬価

サインバルタの薬価は以下の通りです。

20mg 1カプセル 173.5円

30mg 1カプセル 235.3円

 

まとめ

サインバルタは、セロトニンとノルアドレナリンの濃度を増加させることで、うつ病の症状を改善する薬です。

この薬は、うつ病やうつ状態だけでなく、糖尿病性神経障害、線維筋痛症、慢性腰痛症、変形性肩関節症などに伴う疼痛の緩和にも用いられます。

ただし、サインバルタは、副作用が比較的多く、悪心,傾眠 ,口渇,頭痛 ,便秘 ,下痢,めまい などが起こりやすいです。

 

また、急に服用を中止したり、減量すると、イライラ、不眠、めまいなどの離脱症状が起こることがあるので、指示された用法、用量を厳守しましょう。

sponsored link

Pocket
LINEで送る