インフルエンザにかかると、お風呂に入ってよいものかと気になりますよね。

汗で体がベタベタしているのはストレスになりますし、何より寝にくくて困ります。

そこで、今回はインフルエンザにかかったとき、いつからお風呂に入れるのか、その判断の目安について解説します。

 

また、お風呂での感染の可能性についても説明します。

インフルエンザでもお風呂に入ってよいのか?

風邪やインフルエンザでお風呂に入るときは、体温が微熱に下がってからがよいと言われています。

微熱とは、37度以上38度未満を指しますが、できれば37.5度くらいまで下がってからの方が安全です。

※医学的に熱がある状態とは、37度以上のことであり、38度以上を高熱といいます。

ただし、微熱でも体調がすぐれないときは、入浴を避けた方がよいです。

 

お風呂に入ると、交感神経が活発になり、熱いお湯によって血圧や体温が上がります。

そして、汗もたくさんかくので、運動するのと同じように体力を消耗します。

すると、体が疲れてしまい、ウィルスを排除するために必要な免疫力が低下する恐れがあります。

 

熱が高いうちは、ウィルスを倒すためにできるだけ免疫力の高い状態を維持する必要があるので、体力を奪われる入浴は避けて、安静にしておいた方が、治りも早いですし、症状を悪化させるリスクも少ないです。

なお、微熱でも体が心配な方は、湯船に浸からずに、シャワーでサッと汗を流すのもおすすめです。

 

では、次に入浴時の注意点について解説します。

入浴時の注意点

風邪やインフルエンザのときの入浴では、以下の点に注意しましょう。

  1. 最後に入る
  2. 脱衣所を温めておく
  3. 入浴前後に水分補給する
  4. 長風呂はしない
  5. タオルを共用しない
  6. 脱衣所での咳やくしゃみを避ける
  7. 触れたところを除菌してもらう
  8. 頭を早く乾かす
  9. 湯冷めを防ぐ

では、各項目について順番に説明します。

 

最後に入る

まず、インフルエンザにかかっている人は、家族の中で最後に入浴するようにして、他の人への感染を防ぎましょう。

脱衣所は、温度も湿度も低いので、感染者が咳やくしゃみなどをすると、飛沫が周囲のものに付着するなどして、感染のリスクが高くなります。

素早く脱衣し、周りのものに極力触れないようにして、すみやかに浴室へと入ります。

 

脱衣所を温めておく

お風呂に入る前に、ヒーターなどで脱衣所を温めておくと、着替えの際に体が冷えたり、湯冷めするのを防止できます。

感染者は最後に入浴するので、そのときには浴室は十分に温まっており、湯気で湿度も高い状態となっているはずです。

着替える前に、お風呂の扉を少し明けておけば、脱衣所の温度と湿度を上げることができます。

 

入浴前後に水分補給する

お風呂に入ると汗をかくので、体内の水分が失われます。

インフルエンザにかかっていると、発熱、下痢、嘔吐などにより、通常よりも体内の水分が少ない状態なので、そのまま入浴すると脱水症に陥る恐れがあります。

そのため、入浴前に、コップ1杯の水またはスポーツドリンクなどを飲んで、水分やミネラルを補給しておきましょう。

 

もちろん、入浴による発汗で水分が失われるので、お風呂から出た後にも水分を摂る必要があります。

 

長風呂はしない

長風呂すると、大きく体力を消耗したり、脱水のリスクが高くなったりします。

インフルエンザからの回復が遅れたり、症状を悪化させる可能性もあるので、長風呂は避けましょう。

 

タオルを共用しない

タオルには、感染者の唾液や鼻水などからウィルスが付着する恐れがあり、共用していると他の人に感染する可能性があります。

バスタオル、ハンドタオル、フェイスタオルなどは共用しないようにしてください。

 

脱衣所での咳やくしゃみを避ける

感染者が脱衣所で咳やくしゃみをすると、空気中にウィルスが飛散することになるので、浴室に入るまでは、咳やくしゃみを我慢してください。

どうしても我慢できない場合は、タオルで鼻や口を覆うなどして、飛沫が飛び散らないようにしましょう。

 

触れたところを除菌してもらう

入浴時に、感染者が触れた箇所には、インフルエンザウィルスが付着している可能性があります。

脱衣所に入ってから、入浴して、脱衣所を出るまでの間に、自分が触ったところを覚えておき、後で家族に除菌シートで拭いてもらってください。

ドアノブ、電気のスイッチ、手すり、洗面台など感染者が触れたところは、すべて除菌します。

 

頭を早く乾かす

お風呂から出たら、髪を早く乾かしてください。

頭が濡れたままだと、すぐに体が冷えてしまいます。

インフルエンザのときは、髪を洗わない方がよいかもしれません。

 

湯冷めを防ぐ

 

お風呂から出て、汗が引いてきたら、パジャマの上に温かいジャケットなどを1枚羽織るなどして、体を冷やさないようにしましょう。

入浴後にリビングでテレビを見たり、スマホをいじったりしていると、あっという間に湯冷めしてしまいます。

湯冷めにはくれぐれも注意してください。

 

最後に、お風呂場でのインフルエンザウィルスへの感染リスクについて説明しておきます。

風呂場でうつることはあるのか?

インフルエンザウィルスは、高温多湿な環境を苦手としており、お風呂場での感染のリスクは低いと考えられます。

インフルエンザウィルスは、21~24度、湿度20%の環境では、6時間後のウィルス生存率が60%と高いです。

しかし、同じ温度で、湿度50%になると、生存率が3~5%にまで低減します。

 

お風呂場は、湿度が90%以上、湯船の中が40度前後なので、インフルエンザウィルスに感染する可能性は低いと言えます。

ただし、脱衣所は、室内の温度と湿度に近い環境なので、感染のリスクは十分にあります。

 

まとめ

インフルエンザ発症時に入浴する場合は、体温が微熱(37.5度くらいまで)に下がってからが安全と言われています。

ただし、微熱でも体調がよくない場合は、入浴は避けた方がよいでしょう。

 

また、お風呂に入ると、汗をたくさんかいて、体力を消耗します。

体が疲れてしまい、免疫力が低下する恐れもあるので、長風呂は避けましょう。

汗を洗い流して、体が温まったら、さっさと出た方がよいです。

 

お風呂に入ることで、ベタベタした汗による不快な状態が解消され、清潔な状態になります。

また、体が温まることで、体温が上昇し、免疫力アップも見込めます。

ただし、体が疲れない程度の短めの入浴にとどめておきましょう。

sponsored link