インフルエンザで会社を休む場合、職場に復帰する際に診断書や治癒証明書が必要となることがあります。

そこで今回は、インフルエンザ診断書の料金の相場や、診断書のもらい方などについて説明します。

診断書の料金はいくら?

診断書は、診察を受けて、インフルエンザだと診断された病院で発行してもらうことができます。

診断書の料金は、おおよそ3000円が相場です。

 


ただし、病院によって料金に違いがあり、5000円くらいかかるところもあります。

 


このように病院によって診断書の値段は異なるので、受診する前に、複数の医療機関に問い合わせて、料金をチェックしておいた方がよいでしょう。

 

診断書の費用は誰が負担するのか?

診断書の費用は基本的に自己負担ですが、会社によっては後で一部または全額を返金してくれるところもあります。

まずは、総務部などに問い合わせてみてください。

sponsored link

診断書を提出する理由

インフルエンザにかかって会社を休む場合、会社によっては診断書の提出を求められます。

診断書を提出しなければ、自己欠勤扱いとなり、給料が減ったり、ボーナスの査定にまで響くことがあります。

一方で、診断書を提出した場合は、病気休暇または有給休暇の扱いとなり、給料は支払われます。

 

よって、病院で診断書をもらえなかった場合は、有給休暇を使うことで、欠勤扱いにならないようにした方が得策です。

 

診断書のもらい方

診断書は、病名、症状、治療にかかる期間、医師のサインなどが記入され、インフルエンザであることを証明できる書類です。

%e8%a8%ba%e6%96%ad%e6%9b%b8

 

出典:http://blog.tenblo.jp/resources/member/000/026/0027918/WHBtlYAb.jpg

 

領収書や明細書のように、何も言わなくても自動で発行してもらえるものではありません。

まずは、医師に診断書の作成を依頼してください。

 

なお、会社によっては、診断書ではなく治癒証明書が必要なところもあります。

治癒証明書は、完治したことを証明するものですが、後日書いてもらうことができない場合があるので、注意してください。

また、診断書の書式についても、病院で発行される一般的なものでなく、会社指定のものでなければならないこともあります。

 

インフルエンザにかかっているときは、発熱、頭痛、下痢、嘔吐などでしんどいですが、早めに会社に連絡したり、病院に問合せるなどして、必要事項を確認しておきましょう。

sponsored link

検査なしでも診断書はもらえるのか?

インフルエンザの検査で陰性が出た場合や、患者が検査を受けていなくても、医師がインフルエンザ感染症の疑いがあると判断した場合は、インフルエンザと診断し、診断書を書くことができます。

そもそも、インフルエンザの迅速検査の感度は、60%くらいと言われており、それほど正確な検査ではないのです。

 

仮病で会社を休んだために、診断書が必要になった場合の対処法

さて、インフルエンザが流行する季節になると、インフルエンザ感染症を理由に、仮病でバイトや会社を休む人が出てきます。

そのときに、上司から診断書を持ってくるようにと言われ、困り果てている人は意外と多いです。

そこで、このような場合の対処法について説明します。

 

「高熱が出たので、最初はインフルエンザだと思っていた。」

「熱が下がったので病院へ行ったものの、ただの風邪だったために診断書を書いてもらえなかった。」

 

このような言い訳して、病院の領収書を提出することで、何とか乗り切る方法があります。

風邪の治りが悪かったり、風邪をこじらせてしまって、体調が回復するまでに時間がかかるというのは起こり得ることです。

病院の領収書があれば、インフルエンザかどうかは別としても、仮病でなかったことは納得してもらえるはずです。

 

また、病院へ行くのが面倒な場合は、ぎっくり腰、ひどい嘔吐と下痢、高熱などを理由に、病院へ行けなかったと説明しましょう。

 

まとめ

インフルエンザの診断書の料金は、3000円が相場ですが、病院によっては5000円ほどかかるところもあります。

料金は高めですが、インフルエンザで会社を休むときに診断書がないと、自己欠勤扱いとなり、給料が減ったり、ボーナスの査定にも影響します。

一方で、診断書を提出した場合は、病気休暇などの扱いとなり、給料は支払われます。

 

よって、診断書がない場合は、有給休暇を申請することで、欠勤扱いにならないようにした方が得策です。

なお、診断書については、会社によって書式が決まっていたり、診断書ではなく、治癒証明書が必要な場合もあるので、インフルエンザにかかったときは、すぐに総務などに問い合わせて確認してください。

sponsored link