Pocket
LINEで送る

髭剃り後に、お肌が赤くなったり、ヒリヒリして痛むのがカミソリ負けです。

 

「髭剃り後にヒリヒリして赤くなる

「ヒリヒリはないが、赤い吹き出物ができる

「所々出血してしまう」

「お肌がカサカサして痒みもある」

 

毎日のシェービングでこのようなお悩みを抱えているメンズは多いのではないでしょうか。

ロート製薬の調査によると、20~60代の男性の69.3%が髭剃りによる肌トラブルを経験しており、日々何らかのケアをしている人も多いとのこと。

しかし、正しい対処ができていないために、効果を得られていなかったり、カミソリ負けを悪化させてしまったりしているようです。

 

そこで今回は、カミソリ負けを治す方法や薬を紹介します。

カミソリ負けは、しっかりとケアを行うことで未然に防ぐことも可能なので、ぜひ参考にしてください。

 

カミソリ負けを素早く治す薬はこの2つ!髭剃り後の吹き出物や出血にはコレで決まり

先に結論から言うと、カミソリ負けにはオロナインH軟膏がよく効きます。

オロナインH軟膏には、殺菌作用のあるクロルヘキシジングルコン酸塩液や、止血作用のあるラウロマクロゴール、硫酸アルミニウムカリウムなどが含まれているので、雑菌の繁殖抑制や軽い傷の止血に効果があります。

さらに、オロナインH軟膏はニキビや吹き出物にも効果があるので、髭を剃った箇所にニキビができる場合にもオロナインを塗っておくとよいでしょう。

 

オロナインH軟膏の他には、ロート製薬の『メンソレータム ヒリプロ』もおすすめです。

『メンソレータム ヒリプロ』は、ひげそり後の肌トラブル解消のために開発された医薬品です。

繰り返す赤み、ヒリヒリ感、皮膚炎などを以下の有効成分がしっかりと治してくれます。

  • リドカイン →ヒリヒリを鎮める
  • グリチルリチン酸二カリウム →炎症を鎮める
  • トコフェロール酢酸エステル →傷ついた皮膚の修復を促す
  • イソプロピルメチルフェノール →雑菌繁殖抑制
  • ジフェンヒドラミン →痒みを鎮める

 

カミソリ負けを素早く治したい型は、オロナインH軟膏や『メンソレータム ヒリプロ』を試してみてください。

 

カミソリ負けしているときに、絶対に塗ってはいけない2種類の薬

カミソリ負けした箇所にニキビや吹き出物ができる場合に、ニキビの薬を塗ってはいけません。

ニキビの薬には、硫黄が含まれているものがあり、硫黄は皮膚の脂を吸収するので、毛穴の皮脂づまり予防には良いのです。

しかし、カミソリ負けしている肌は皮脂膜や角質層が傷つき、水分が蒸発しやすく乾燥しているので、ニキビの薬を塗ると余計にお肌の乾燥が進行してしまい、状態を悪化させる恐れがあります。

※オロナインには硫黄は含まれていません。

 

また、市販のステロイド外用薬を塗るのも避けた方がよいです。

ステロイドは塗った部位の免疫力を抑制する作用があるので、細菌などの感染が生じやすくなります。

そもそも、カミソリ負けは、カミソリによって傷ついた皮膚に雑菌が入り込むことで起こります。

そのため、カミソリ負けにステロイドを塗ると雑菌への免疫が弱くなり、症状を悪化させてしまう可能性があります。

 

カミソリ負けの状態がひどい場合は、自己判断で薬を選ばす、皮膚科で治療を受けましょう。

 

カミソリ負けしている肌には「髭剃り」ではなく、「髭切り」で!

カミソリ負けにより、お肌がヒリヒリしたり、赤みや吹き出物がある場合は、痛みや炎症が治まるまで髭剃りを控えるのが理想です。

とはいえ、たいていの人は仕事などで毎日髭を剃らないわけにはいかないので、赤みや吹き出物が出ている周囲は電気シェーバーで剃ったり、カミソリを使わず髭切りハサミで髭を切るなどして対応します。

また、電気シェーバーを使うときも、プレシェーブローションを使って滑りをよくして、皮膚との摩擦や刺激を軽減させます。

 

ただし、プレシェーブローションについては、メントールなど清涼感のある成分が配合されているものは、カミソリ負けした肌には刺激が強いので、ヒリヒリする可能性があります。

なるべくお肌に優しいものを選びましょう。

 

毎回ヒリヒリするのはもう嫌!ヒリヒリを予防したいなら今すぐ◯◯で肌ケアを!!

さて、先に説明したように、カミソリ負けを起こしたときには、オロナインH軟膏や『メンソレータム ヒリプロ』などの医薬品にて治せばよいのですが、できればシェービングによる肌トラブルを事前に予防したいですよね。

カミソリ負けを未然に防ぐには、お肌を温めて髭を柔らかくしてから剃ったり、逆剃りを避けるなど、カミソリによる肌への摩擦や刺激を少なくすることも大切なのですが、それ以上にアフターケアにも気を配ることが大切です。

そもそも、髭剃り後は、皮脂膜や角質層が傷ついたり、削ぎ取られているために、角質層から水分が逃げていきやすく、お肌が乾燥しやすい状態になっています。

 

そのため、シェービングの後には、角質層に水分を補ってやること、補給した水分をお肌に留めておくことが大切になります。

この役割を果たすのが化粧水と乳液です。

ここで、もともと男性は女性よりも皮脂が多いので、乳液は不要なことが多いですが、乾燥しかけているお肌に潤いを補給する化粧水は必須です。

 

髭剃り後の化粧水の選び方やおすすめの化粧水を知りたい方は、今すぐ以下の記事をチェックしてみてください。

参考⇒髭剃り後の化粧水を選ぶ際の4つのポイントを解説!

Pocket
LINEで送る