Pocket
LINEで送る

ホンマでっか!?TVの10月26日放送回の内容をまとめておきます。

チョコレートをよく食べる人は実は太りにくい

生物学の池田先生によると、アメリカ医学界の内科の専門誌にて、20~80歳の約1000人を対象として調査を行ったところ、チョコレートを食べる回数が多い人は、少ない人よりも痩せていることがわかったと発表されています。

これは、チョコレートの中に代謝を高める物質が入っているからだと推測されています。

また、今回の結果はチョコレートの種類によりません。

 

霊長類は他に比べて、摂取カロリー半分で一生を過ごせる

脳科学評論家の澤口俊之先生によると、人間は代謝を増やすことで、脳を大きくしてきたので、太っている人は頭が悪いとのことです。

運動系に関する脳領域の代謝が高い人は、IQが高い傾向にあります。

つまり、運動神経が良い人は、IQが高く、痩せているということです。

肥満遺伝子が影響する体重は約1kg

統合医療評論家の亀井眞樹先生によると、肥満に関係する遺伝子の1つとして、FTOがあり、FTOが最も肥満に関係するとされています。

ただし、この遺伝子によって、増える体重はわずか1kgとのことです。

 

亀井先生によると、人の体重が増えるのは、環境によって遺伝子のスイッチがオンオフに切り替わるためであるとしています。

そして、遺伝子のスイッチは、自分で切り替えることができるとのことです。

 

ここで、父親が飢餓状態で生まれた子供は肥満になるとされています。

受精時には、母親の遺伝子のスイッチのオンオフは影響しませんが、父親が飢餓状態にあるという情報は、子供に残ります。

すると、生まれた子供は、食べたものを溜め込みやすい身体になってしまい、肥満になります。

 

太っている人に「デブは病気である」と言うとますます太る

経済評論家の門倉貴史先生によると、アメリカの医師会が2013年の夏に、肥満は病気であると正式に発表しました。

これは、肥満患者に、太っていることの深刻さを理解してもらい、生活習慣を見直してもらう目的からです。

アメリカのリッチモンド大学が700人を対象に調査したところ、「肥満は病気である」という論文を読んだ被験者は、「病気なら仕方ない」と考え、暴飲暴食に走ったと報告されています。

 

10歳の頃、親から太りすぎと言われた女の子は太る

脳科学の澤口先生によると、10歳のときに、親から太りすぎと言われた子供は、19歳で肥満になる可能性が1.66倍になるとのことです。

母親が否定的な言葉を先に言うと、子供はその言葉だけを捉えて育つようです。

硬い食べ物は脳が満足し、食べる量が減る

環境評論家の武田邦彦先生によると、満腹感を感じるのは、食事を始めてから約30分後であり、感じる前に食べ過ぎることで、太ってしまいます。

また、噛む回数が多いと、満腹感を早く感じ、食べる量を減らせます。

 

骨格筋評論家の岡田先生によると、普段の生活で筋肉を使い、エネルギー消費を増やすことで、効率よく減量することができるとのことです。

自転車のサドルを一番低くして、前かがみになって漕ぐと、太ももの筋肉をよく使います。

太ももの筋肉は、筋肉量が多いので、エネルギーを大量に消費してくれます。

カフェに立ち寄ってからジムに行くと痩せやすい

重太先生によると、運動前にカフェでブラックコーヒーを飲んで、30分ほどリラックスしてから運動することで、脂肪燃焼が20~50%アップします。

同じカロリーでも食事回数が多いと太りやすい

同じカロリーの食事をとったにも関わらず、1日5回以上食べる人は、2回以下の人に比べて太りやすいです。

これは、小分けに食べることで、すべて吸収されるからだとされています。

ギャル曽根などのフードファイターが太らないのは、一気に食べるので、すべて消化吸収しきれずに、そのまま便として排出されるからです。

お腹を凹ませてひねるとウエストがくびれる

お腹を凹ませてからツイストさせると、くびれる方面に働く筋肉が強くなり、ウエストがくびれるとのことです。

sponsored link

Pocket
LINEで送る