Pocket
LINEで送る

目のまわりがピクピクと痙攣して、治らないことはありませんか?

目が痙攣を起こすのは、眼精疲労、寝不足、栄養不足、病気など様々な要因が考えられます。

 

「片方の目の下が痙攣を起こす。」

「十分に目の休息をとっているのに、目の下がピクピクする。」

「1、2週間ほど前から、ピクピクがずっと続いている。」

「目を温めたり、マッサージしても下まぶたの痙攣が治らない。」

 

ネットのお悩み掲示板などを見ると、このような症状で悩んでいる人が多いので、今回は目の下の痙攣が止まらない原因や治し方についてまとめておきます。

なお、目の下の痙攣が続く場合は、病気の可能性もあるので、眼科にかかってください。

 

目の下がピクピクする原因

%e7%9b%ae

 

目の周りの痙攣が続くのは、次のような理由が考えられます。

  1. 目の疲労
  2. 寝不足
  3. 栄養不足
  4. カフェインの摂り過ぎ
  5. 睡眠薬の長期服用
  6. 病気

では、各項目について順番に説明します。

sponsored link

目の疲労

スマホやパソコン作業などで目を酷使していると、目が重い、目がショボショボする、目の奥が痛い、目がかすむなど疲れ目の症状が現れます。

それがさらに進むと、目の周りがピクピク動くような痙攣が起こることがあります。

疲れ目の原因としては、主に次のような要因があります。

  • 電車や車など振動がある場所での読書、スマホ、ゲーム
  • ビタミンなどの栄養失調
  • メガネ、コンタクトレンズの調整不良、レンズの汚れ
  • 長時間のコンタクト着用
  • パソコンやスマホなど視野が狭い環境で目を使う
  • 紫外線が強い場所でのスマホ、読書
  • 暗い場所で読書したり、テレビを見ている

最近では、電車の中でスマホを使っている人が多いですが、振動がある環境で目を使うと、目が疲れやすくなります。

電車の中では、窓から遠くを見るなどして、目を休めた方がよいですね。

 

それでも治らない場合は、まぶたのピクピクを抑えるアイテムとして、アイアクトという商品があります。

眼瞼のピクピクが止まらない場合は、一度チェックしてみてください。

公式サイト⇒アイアクトで今すぐまぶたのピクピクを止める!
アイアクト

寝不足

夜ふかし、徹夜などで睡眠不足になると、眼精疲労や目の充血などが回復せず、目に疲れを溜め込むことになります。

また、睡眠時間は確保できていても、睡眠の質が悪く、深い眠り(レム睡眠)と浅い眠り(ノンレム睡眠)のバランスが悪いと、体に疲労が残り、目の疲れも解消されません。

朝、スッキリと目覚めることができない人は、眠りのバランスが悪い可能性があります。

 

さらに、夜型の生活も目に疲労をためる原因となります。

そもそも、私たちの目は夜行性ではなく、どちらかと言えば昼行性に作られています。

夜の人工光のもとでは、昼間以上に目の働きを調整しなければならないので、目に大きな負担をかけることになります。

以上から、睡眠不足、睡眠の質が悪い、夜型の生活などによって、目に疲れが溜まり、目の周りがピクピクと痙攣を起こしていると考えられます。

 

睡眠不足に心当たりがあるならば、まずは睡眠時間を確保するために、今よりも30分早く寝るように心がけてください。

スマホをいじる時間、テレビを見る時間、漫画を読む時間などを削れば、30分くらいであれば捻出できるはずです。

 

栄養不足

日々の食生活は、目の健康と密接な関係があります。

食生活の乱れや偏った食事などにより、栄養不足になると、目の疲労や病気の原因となります。

そこで今回は、目の健康と関わりの深い栄養素をいくつか紹介しておきます。

【ビタミンA】

まず、ビタミンAは目との関係が深く、角膜や網膜の細胞、粘膜を正常な状態に保ち、涙の量を一定に保つなど目を活性化させる働きがあります。

そのため、ビタミンAが不足すると、眼球が乾燥するなどドライアイの原因にもなります。

ビタミンAは、以下の食品に多く含まれているので、不足している人は補ってください。

うなぎ、レバー、チーズ、牛乳、卵、バター、マーガリン、ほうれん草、かぼちゃ、春菊、パセリ、小松菜

 

【ビタミンB1,ビタミンB12】

ビタミンB1,ビタミンB12は、神経や筋肉の働きを活性化させる作用があります。

目、皮膚、爪、髪などを作るうえで、欠かせない栄養素であり、目の粘膜組織を正常な状態に保つためにも重要な役割を果たします。

また、目の疲労を軽減させる作用もあります。

これらが不足すると、視力低下、眼精疲労などの原因となります。

ビタミンB1,ビタミンB12は、以下の食品に多く含まれています。

うなぎ、豚肉、そら豆、玄米、パイナップル、牛乳、鶏卵、レバー、かき、さば、いわし

 

【ビタミンB2】

ビタミンB2は、皮膚や目を守る栄養素です。

特に、疲れ目、目の充血改善に効果があり、視力向上にも有効とされています。

ビタミンB2が不足すると、疲れ目、角膜炎、結膜炎の原因となります。

ビタミンB2は、以下の食品に多く含まれています。

レバー、うなぎ、牛乳、鶏卵、納豆、チーズ、しいたけ

 

【ビタミンB6】

ビタミンB6は血液を作るために欠かせない栄養素です。

不足すると、眼精疲労、目の炎症、貧血などの原因となります。

ビタミンB6は、次の食品に多く含まれています。

レバー、肉類、胚芽、牛乳、豆類、玄米

 

【カルシウム】

カルシウムは、筋肉の収縮活動や精神を安定させるなどの働きを担います。

カルシウムが不足すると、眼球を保護している強膜の機能が低下し、近視などの屈折異常や眼精疲労の原因となります。

カルシウムは、次の食品で摂取できます。

乳製品、大豆製品、緑黄色野菜、魚介類、海藻類

 

【マグネシウム】

マグネシウムは、刺激を受けたときに、神経の興奮を沈める働きがあります。

他にも、たんぱく質、糖質、脂質の代謝や合成に関わっています。

マグネシウムが不足すると、イライラやストレスの要因になったり、まぐたが痙攣を起こす原因となります。

マグネシウムは、次の食品に多く含まれています。

アーモンド、カシューナッツ、落花生、大豆、納豆、かき、ほうれん草

 

カフェインの摂り過ぎ

コーヒーなどの飲み過ぎにより、カフェインを摂り過ぎると、まぶたの痙攣の原因となります。

カフェインは、中枢神経に働きかけ、神経を高ぶらせるので、目のまわりの筋肉が興奮状態となり、目の痙攣が起きやすくなります。

 

睡眠薬の長期服用

近年の研究から、睡眠薬を常用すると、脳の中央にある視床が激しく活動するため、神経が過敏になって目の痙攣が起きやすくなることがわかりました。

また、睡眠薬には、視床の神経細胞の興奮を抑える働きを鈍らせる作用もあります。

そのため、寝付きが悪いなどの理由から、睡眠薬を常用している人は、薬が原因でまぶたの痙攣が起きている可能性があります。

 

病気

まぶたが痙攣を起こすのは、目の病気にかかっている可能性があります。

こちらについては、記事の最後で、目の周りが痙攣したり、引きつったりするような症状が出る病気を紹介します。

 

では、次に目の痙攣を治す方法について解説します。

sponsored link

目の下の痙攣の治し方

%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b9

目の下の痙攣の治し方については、次の方法が有効です。

  1. 目の体操をする
  2. ツボを押す
  3. ストレスを解消する
  4. 目を休める
  5. 目の周りを温める

では、順番に説明します。

 

目の体操をする

ここで紹介する「目の健康体操」を行うことで、疲れ目の症状が改善され、目がパッチリするので、ぜひ実践してみてください。

【目の健康体操】

  1. 目を閉じ、両手で30秒ほど目を覆います。
  2. 両手を目から離し、まばたきを30回ほど繰り返します。
  3. 両手の指をこめかみに当てて、軽く押すようにして、前後左右に動かしたり、回転させてマッサージをします。
  4. 両手であごを支え、視線を遠くに向けて、目玉を上下、左右に5回ほど動かします。
  5. その後、右回り、左回りに目玉を5回ほどぐるぐると回転させます。
  6. 両手を腰に当てて、首を軽く前に曲げ、戻して、後方へも曲げます。
  7. 同じように、左右にも曲げて、5回ほど繰り返します。
  8. その後、ゆっくりと右回り、左回りと交互に首を3回ほど回転させます。

 

これで、目の健康体操は終わりです。

この運動は、椅子に座った状態で誰でも簡単に行えます。

目が疲れたり、首や肩のすじが張ってきたと感じたら、ぜひ実践してください。

症状が解消されるのを実感できるはずです。

 

ツボを押す

まぶたがピクピクする症状をやわらげるには、ツボ押しが効果的です。

今回は、目の疲労回復に効果のあるツボをいくつか紹介します。

【攅竹】

攅竹は、眉頭の内側で、目の上の骨縁を探っていくと、少しへこんだところにあります。

特に疲労感がなくても、押すと痛むポイントなので、探しやすいはずです。

攅竹を押すことで、視界がハッキリとします。

攅竹は、10秒くらい押して、指を離します。

この動作を3~5回ほど繰り返します。

 

【太陽】

太陽は、こめかみの部分で、押すと痛みを感じる場所にあります。

目が疲れたときに、眉をよせると引っ張られる部分にあるツボです。

太陽は、左右のツボを同時に圧迫します。

このとき、指で円を描くように刺激しましょう。

心地よい痛みを感じるくらいが、ちょうどよい刺激量です。

 

【合谷】

合谷は、手の指をまっすぐ揃えたときに、親指と人差し指の付け根にできる筋の盛り上がりの頂上にあります。

合谷を押すと、目の周りの血行がよくなり、疲れがやわらぎます。。

合谷を反対の手の親指と人差し指ではさむようにして、10秒程度押します。

左右の手にある合谷を順番に両方刺激してください。

 

 

ストレスを解消する

私たちは、多少のストレスであれば、はねのける力を持っていますが、限度を越えて体内に蓄積されると、心身が疲労し、健康を害することになります。

ストレスによる体調の変化は、眼精疲労としてすぐに目に現れます。

そこで、ストレスから目を守るには、以下のような方法で定期的にストレスを発散させる必要があります。

  • 日常生活に変化をつけて、新鮮な刺激を取り入れる
  • 仕事以外に熱中できる趣味や楽しみでストレス発散
  • 自然と触れ合う機会を増やす

まず、普段できないようなことをして、心身に心地よい新鮮な刺激を与えることで、ストレスを解消できます。

例えば、旅行、食べ歩き、ボランティア活動などには、新たな驚き、感動があります。

また、自然とのふれあいもストレス発散に効果的です。

休日に、海や山に出かけるのもよいですし、家庭菜園やガーデニングで自然に親しむ方法もあります。

 

目を休める

まぶたがピクピクするなど疲れ目には、目を休ませることが最良の特効薬となります。

目は、体の他の部分と同じように筋肉(眼筋)によって動かされ、そのエネルギーは酸素と栄養素によってまかなわれています。

目を長時間、連続で使い続けると、眼筋に蓄えられているエネルギ源をどんどん使うので、補給が間に合わなくなります。

 

そして、筋肉内に疲労物質の乳酸が増えると、筋肉は思うように動かなくなります。

そのため、目を休ませることで、エネルギーを十分に補給し、眼筋に蓄えることで、疲れ目の症状が改善され、まぶたのピクピクを解消できます。

 

目の周りを温める

目の疲れからくる痙攣には、目の周りを温めることが有効です。

まぶたを閉じた状態で、シャワーにて、目に直接温水を浴びせてください。

シャワーの温度と水圧が目にほどよい刺激を与え、血行を促進して、目をリフレッシュさせます。

さらに、首筋から肩にかけては、温度と水圧を少し高くして、シャワーをかけることで、マッサージ効果も期待でき、疲れ目、頭痛、肩こりなどが改善されます。

 

他にも、蒸しタオルを目の上にかぶせることで眼球に適度な刺激を与え、血液の循環を促します。

血行がよくなることで、眼筋への栄養補給がより活性化して、疲れ目の症状が解消され、まぶたのピクピクもおさまります。

ただし、目が痛む場合は、温めると症状が悪化することもあるので、この場合は冷やすことが有効です。

 

目の下の痙攣の予防法

%e7%aa%93%e3%81%ae%e5%a4%96%e3%82%92%e8%a6%8b%e3%82%8b%e7%94%b7%e6%80%a7

目の下の痙攣の予防法としては、次の方法が効果的です。

  1. 1時間に1回は遠くを見る
  2. まばたきの回数を多くする
  3. 昼寝をする
  4. モニターから50センチの距離をとる
  5. 目玉運動で目の血流をよくする

では、順番に説明します。

1時間に1回は遠くを見る

パソコンやスマホが普及した現代において、私たちは暮らしの中で遠くを見つめる機会が極端に減っています。

目には、遠いところにあるものと近いところにあるものとを見分ける能力が備わっていますが、普段近いものばかりを見ていると、遠くを見る遠方能力が衰えてしまいます。

すると、遠近の視力のバランスが悪くなり、近視や疲れ目の原因となります。

そのため、目が疲れてきたと感じたら、窓から遠くの景色を見つめるようにしてください。

 

まばたきの回数を多くする

普段、私たちは3秒に1回くらいの頻度でまばたきをしています。

しかし、パソコン作業をしていると、まばたきの回数が通常より少なくなってしまいます。

ここで、目の毛様体筋(遠近調節をしている筋肉)や虹彩筋(光の量を調節する筋肉)などは、まばたきが行われている間に休憩しています。

そのため、まばたきの回数が少なくなると、目の筋肉の休憩時間が短くなり、目の負担が増えて、筋肉が疲労します。

 

また、まばたきをしないとドライアイになるリスクも高くなります。

そこで、パソコンやスマホを利用するなど、一点凝視しているときは、意識的にまばたきをしてください。

 

昼寝をする

目の疲れからくる痙攣を解消するには、昼寝が効果的です。

15~30分くらい、机に突っ伏して昼寝することで、驚くほど目の疲労を回復することができます。

15分くらいなら、昼休みにスマホでゲームする時間を我慢すれば、捻出できるはずです。

私が実践した中で、最も目の疲労回復効果が高かった方法なので、ぜひ実践してみてください。

 

モニターから50センチの距離をとる

VDT(画面表示端末)の使用による疲れ目やドライアイから目を守るためには、目と画面との距離を適切に保つ必要があります。

VDT症候群に関する本をいくつか読んだところ、目と画面との距離を50~80cmくらい離した方が目の負担を軽減できるとのことです。

特に、スマホを利用しているときは、目と画面との距離が近くなりがちなので、意識して目を離すことを心がけてください。

 

目玉運動で目の血流をよくする

普段から目の筋肉を鍛えておかないと、目の周りの血流が悪くなってしまいます。

目の血流が悪くなると、酸素が行き渡らず、様々な目のトラブルに見舞われることとなります。

そこで、今回おすすめするのが、眼筋を鍛えて血流をよくする目玉運動です。

目玉運動は、ギュッと強く目を閉じたまま、眼球だけを上下左右に動かす目のエクササイズです。

【目玉運動】

  1. 両目をギュッと強くつぶる
  2. 目をつぶったまま、眼球を上げて、上を見る
  3. 続いて、右を見る
  4. 左を見る
  5. 右上を見る
  6. 左下を見る
  7. 左上を見る
  8. 右下を見る

目玉運動はそれぞれの動作につき、10秒はその状態をキープしてください。

sponsored link

目の下の痙攣から疑われる病気

%e8%a8%ba%e6%96%ad%e3%81%99%e3%82%8b%e5%8c%bb%e5%b8%ab

目の下の痙攣が続く場合、次のような病気が疑われます。

  1. 片側顔面痙攣
  2. VDT症候群
  3. ドライアイ
  4. 顔面ミオキミア
  5. 眼瞼痙攣(がんけんけいれん)
  6. 自立神経失調症
  7. チック症
  8. 眼瞼下垂

では、順番に説明するので、自分の症状が当てはまっている病気がないかチェックしてみてください。

 

片側顔面痙攣

片側顔面痙攣とは、顔の片側が自分の意志とは関係なく、痙攣したり、引きつったりする病気です。

40代以上の中高年女性が多く発症します。

初期症状としては、片方の目のまぶた周辺がときどき痙攣する程度です。

その後進行すると、まぶたの痙攣が頻繁に現れるようになり、痙攣が顔全体に広がっていきます。

 

VDT症候群

パソコンなどVDT(画面表示装置)を長時間使うことで、眼精疲労、ドライアイ、肩こり、頭痛、腰痛、めまいなどの症状が現れることがあります。

パソコンやスマホを使っているときは、近くのものを凝視している状態なので、1時間に1回くらいの頻度で遠くを見て、遠近の視力のバランスをとり、目に疲れを溜めないことが大切です。

 

ドライアイ

ドライアイは、何らかの原因で涙の量が減って、眼球の表面が乾き、目に様々な異常が起こる病気です。

ドライアイの自覚症状としては、目がゴロゴロする、目が重い、目がつかれた、目がまぶしい、目の奥が痛い、目がかすむ、涙が出ない、涙が止まらないなどがあります。

 

顔面ミオキミア

顔面ミオキミアは、まぶたの下がピクピクと痙攣する病気です。

体や目の疲労によって、まぶたの開閉を行う筋肉が痙攣を起こします。

 

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)

眼瞼痙攣は、目のまわりの筋肉が自分の意志とは関係なく痙攣を起こす病気です。

最初は、まばたきの回数が多くなったり、明るい場所が異常にまぶしく感じられるなどの症状が現れます。

その後、進行すると、痙攣の回数が増えて、勝手に目が閉じるなど日常生活に支障をきたすようになります。

 

自立神経失調症

心臓や内臓器官をコントロールする自律神経に異常が起こる病気です。

自立神経失調症で目に現れる症状としては、疲れ目、まぶたの痙攣、ドライアイ、まぶたの上が重いなどが挙げられます。

 

チック症

チック症は、癖の一種であり、まばたきを繰り返す、顔を歪める、眼球をぐるぐると回すなどの症状が見られます。

チック症では、顔面の筋肉の痙攣が起こることがあり、自分の意志とは関係なく、まぶたがピクピクと動いてしまいます。

主に、子供が発症しやすい病気です。

 

眼瞼下垂

まぶたを動かす筋肉や神経に障害があり、上まぶたが垂れ下がって、目がよく開かない病気です。

症状としては、肩こり、頭痛、睡眠障害、めまい、自律神経失調の他、まぶたや顔に痙攣が現れます。

 

病院は何科へ行けばいいのか?

先に結論から言うと、目のまわりの痙攣が続く場合は、まずは眼科へ行きましょう。

目の痙攣の原因として多いのは、眼精疲労、片側顔面痙攣、顔面ミオキミア、眼瞼痙攣などです。

眼精疲労、顔面ミオキミア、眼瞼痙攣は眼科で、片側顔面痙攣は神経内科で治療が行われます。

 

ただし、これらの病気を自分で見分けるのは難しいので、まずは眼科を受診し、眼科医の指示を仰いだ方がよいです。

まとめ

目の痙攣が改善しない場合や、症状が長く続く場合は目の病気が原因の可能性もあるので、まずは眼科へ行くことをおすすめします。

sponsored link

Pocket
LINEで送る