Pocket
LINEで送る

熱中症にかかった後、頭痛、吐き気、疲労感、めまいなどの症状が残り、数日経っても治らないことがあります。

このような場合、熱中症で脳や臓器などに何らかの障害が残ったのではないかと不安になります。

今回は、熱中症による後遺症や症状が回復するまでの期間などについてまとめておきます。

熱中症による後遺症

まず、熱中症を起こすと、足がつる、こむら返り、頭痛、めまい、吐き気、疲労感などの症状が見られます。

通常、これらの症状は一時的なものですが、ときに頭痛や耳鳴りなどの症状が長引くことがあります。

これは、熱中症により体温調節を司る自律神経のバランスが崩れたためです。

 

自律神経は生命を保つために必要な機能の微調整を自動的に行っており、心臓の拍動や呼吸、代謝、消化、体温調節など人間が自分の意思で動かしたり、止めたりできない部分の動きをコントロールしています。

自律神経には、交感神経と副交感神経という2つの神経から成り立っています。

例えば、体温が上昇すると、交感神経が働き血管を収縮させて血流を減らし、体温を下げようとします。

反対に、体温が低下すると、副交感神経が働き血管を拡張させて血流を増やし、体温を上げようとします。

このように、交感神経と副交感神経は、体の同じ器官に対して反対の方向に働く形で作用し、体の機能を調節しています。

 

ところが、熱中症にかかると自律神経のバランスが崩れ、いわゆる自律神経失調症の状態になります。

そもそも、自律神経は、瞳孔、涙腺、唾液腺、肺、汗腺、心臓、肝臓、胃腸、血圧、皮膚、立毛筋、陰茎、子宮、ぼうこうなど体の様々な臓器や器官の働きを調節しています。

そのため、バランスが崩れると以下のように多彩な症状が現れてきます。

頭痛、頭重感、耳鳴り、食欲不振、疲労感、倦怠感、めまい、集中力の低下、しびれ、立ちくらみ、動悸、息切れ、喉の不快感、あくび、咳、便秘、下痢、吐き気、嘔吐、げっぷ、胃部不快感、肩こりなど

 

なお、熱中症で高熱の状態になると、筋肉が損傷してしまうことがあります。

すると、筋肉中のミオグロビンという物質が血液に遊離します。

ミオグロビンは血液から酸素を受け取り、筋肉に渡す役割を担っているため、筋肉のミオグロビンが減少すると、筋肉に必要な酸素が補給されない状態となります。

これにより、関節痛や筋肉痛、倦怠感などの症状が現れます。

 

 

後遺症が回復するまでの期間

自律神経失調による症状は、無理をせず安静にして充分な睡眠と栄養をとり、規則正しい生活をしていれば、早くて数日から1週間前後、長くても1ヶ月ほどで自然に治ります。

しかし、体温が40度以上になったり、けいれん、こんすい、意識消失を起こすほどの重度の熱中症(熱射病)にかかった場合は、腎機能障害や脳出血などが起こり、回復までに時間がかかったり、回復不能なダメージを受けてしまうこともあります。

2010年には、体育館でバトミントンの部活動を行っていた中学女子が熱中症が原因で脳梗塞になり、左手に麻痺が残ってしまうという事故も起きています。

 

熱中症では、初期の段階で足がつる、こむら返り、頭痛、めまいなどの症状が現れるので、重症化する前に熱中症に気づき、涼しい場所で休む、スポーツドリンクで水分やナトリウムなどを補う、病院にかかるなど適切な対処を行う必要があります。

 

熱中症にかかった後は、自律神経が乱れたり、体力が低下していたりするので、通常よりも熱中症を起こしやすい状態になっているため、無理をすると症状が悪化する恐れがあります。

しばらくは安静にして、睡眠をしっかりととるようにしましょう。

sponsored link

Pocket
LINEで送る