Pocket
LINEで送る

喉の痛みに効く漢方薬を紹介します。

喉が痛いときの漢方薬選びの参考にしてください。

桔梗湯(ききょうとう)

扁桃炎や扁桃周囲炎を改善します。

喉が赤く腫れ、痛み、咳、声のかすれなどをともなう人に用いられます。

 

使用上の注意

アルドステロン症、ミオパシー、低カリウム血症のある人は使用できません。

妊婦も使用にあたっては注意が必要なので、医師または薬剤師に相談してください。

 

副作用

偽アルドステロン症(体液貯留、むくみ、体重増加、血圧上昇など)、ミオパシー(脱力感、手足のけいれん、麻痺などが初期症状)などが起こることがあります。

 

 

 

 

銀翹散(ぎんぎょうさん)

風邪による喉の痛み、口渇、咳、頭痛を改善します。

 

使用上の注意

医師の治療を受けている人、妊婦または妊娠している可能性のある人、虚弱な人、胃腸の弱い人、高齢者などは、使用にあたって注意が必要なので、医師または薬剤師に相談してください。

 

副作用

発疹、発赤、かゆみ、吐き気、食欲不振、胃部不快感、偽アルドステロン症、ミオパシーなどが起こることがあります。

 

 

 

甘草湯(かんぞうとう)

激しい咳や咽頭痛を緩解します。

けいれん性の痛みや打撲痛などの急迫症状に一時的に用いられることもあります。

なお、銀翹散と甘草湯は、どちらも喉の痛みの改善に用いられますが、以下のように使い分けます。

 

発熱がみられる、舌の先が赤く、のどが赤く腫れて痛む場合は「銀翹散」を、このような症状がみられない場合は「甘草湯」を用います。

出典:http://www.kracie.co.jp/soudanshitsu/qa/1226519_4569.html

 

使用上の注意

アルドステロン症、ミオパシー、低カリウム血症のある人は使用できません。

妊婦などは使用にあたって注意が必要なので、医師または薬剤師に相談してください。

 

副作用

偽アルドステロン症、ミオパシーなどが起こることがあります。

 

 

 

麦門冬湯(ばくもんどうとう)

喉を潤し、咳を鎮める作用があります。

痰の切れにくい咳、気管支炎、気管支喘息などを改善します。

こみあげてくるような強い咳で、咳をすると顔が赤くなり、粘り気のある痰、喉の渇き、喉の異物感をともなう人に用いられます。

 

使用上の注意

妊婦は使用にあたって注意が必要なので、医師または薬剤師に相談してください。

 

副作用

発疹、蕁麻疹、偽アルドステロン症、ミオパシー、間質性肺炎、肝機能障害、黄疸などが起こることがあります。

 

 

 

sponsored link

響声破笛丸(きょうせいはてきがん)

喉の弱い人、カラオケでの歌い過ぎなどで声が枯れたり、喉に不快感のある場合によく効きます。

 

使用上の注意

医師の治療を受けている人、妊婦または妊娠している可能性のある人、虚弱な人、胃腸の弱い人、高齢者などは、使用にあたって注意が必要なので、医師または薬剤師に相談してください。

 

副作用

発疹、発赤、かゆみ、食欲不振、胃部不快感、偽アルドステロン症などが起こることがあります。

 

 

 

 

駆風解毒湯(くふうげどくとう)

喉が腫れて痛みをともなう扁桃炎に効きます。

 

使用上の注意

医師の治療を受けている人、妊婦または妊娠している可能性のある人、虚弱な人、胃腸の弱い人、高齢者などは、使用にあたって注意が必要なので、医師または薬剤師に相談してください。

 

副作用

発疹、発赤、かゆみ、食欲不振、胃部不快感、偽アルドステロン症、ミオパシーなどが起こることがあります。

 

 

 

五虎湯(ごことう)

咳や気管支喘息を改善します。

比較的体力のある人に用いられます。

 

使用上の注意

病後で衰弱している人、著しく体力の衰えている人、胃腸の弱い人、発汗傾向の強い人、食欲不振、吐き気、嘔吐、循環器系障害またはその既往歴、重い高血圧症、重い腎障害、排尿障害、甲状腺機能亢進症のある人、妊婦などは使用にあたって注意が必要なので、医師または薬剤師に相談してください。

 

副作用

不眠、発汗過多、頻脈、動悸、全身脱力感、精神興奮、食欲不振、胃部不快感、吐き気、嘔吐、軟便、下痢、排尿障害、偽アルドステロン症、ミオパシーなどが起こることがあります。

 

 

 

桔梗石膏(ききょうせっこう)

喉のイガイガした痛み、腫れ、喉の違和感などを改善します。

他の漢方処方とともに、咳止めや化膿止めに用いられます。

 

 

使用上の注意

胃腸の弱い人、著しく体力の衰えている人、妊婦などは使用にあたって注意が必要なので、医師または薬剤師に相談してください。

 

副作用

食欲不振、胃部不快感、軟便、下痢などが起こることがあります。

 

 

 

 

参蘇飲(じんそいん)

感冒や咳、痰を改善します。

頭痛、発熱、みぞおちのつかえ、嘔吐などをともなう、胃腸の弱い人に用いられます。

 

使用上の注意

妊婦は、使用にあたって注意が必要なので、医師または薬剤師に相談してください。

 

副作用

発疹、蕁麻疹、偽アルドステロン症、ミオパシーなどが起こることがあります。

 

 

 

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

渇きからくる喉のイガイガした痛みを緩和します。

他にも、感冒、更年期障害、神経症、神経衰弱、不眠症、心臓衰弱、貧血症などを改善します。

貧血気味で、冷え、動悸、息切れ、微熱、疲労倦怠感、食欲不振をともなう、体力のない人に用いられます。

 

使用上の注意

妊婦は、使用にあたって注意が必要なので、医師または薬剤師に相談してください。

 

副作用

発疹、発赤、かゆみ、間質性肺炎(発熱、せき、呼吸困難)、偽アルドステロン症、ミオパシー、肝機能障害、黄疸などが起こることがあります。

 

 

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

慢性扁桃炎、慢性鼻炎、蓄膿症、にきびを改善します。

手や足に汗をかきやすく、化膿や炎症が起こりやすい、比較的体力のある人に用いられます。

 

使用上の注意

著しく胃腸の弱い人や、食欲不振、吐き気、嘔吐のある人、妊婦などは、使用にあたって注意が必要なので、医師または薬剤師に相談してください。

 

副作用

発疹、かゆみ、食欲不振、胃部不快感、吐き気、嘔吐、下痢、偽アルドステロン症、ミオパシー、肝機能障害、黄疸、間質性肺炎などが起こることがあります。

 

 

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)

気管支喘息、気管支炎、喘息性気管支炎、小児喘息、百日咳、乳幼児の感冒、痔核の痛みを改善します。

咳が激しく、発作時に頭部が発汗して、喉の渇きや喘鳴をともなう人に用いられます。

 

使用上の注意

病後で衰弱している人、著しく体力の衰えている人、胃腸の弱い人、発汗傾向の強い人や、食欲不振、吐き気、嘔吐、循環器系障害(狭心症、心筋梗塞など)またはその既往歴、重い高血圧症、重い腎障害、排尿障害、甲状腺機能亢進症のある人、妊婦などは、使用にあたって注意が必要なので、医師または薬剤師に相談してください。

 

副作用

不眠、発汗過多、頻脈、動悸、全身脱力感、精神興奮、食欲不振、胃部不快感、吐き気、嘔吐、軟便、下痢、排尿障害、偽アルドステロン症、ミオパシーなどが起こることがあります。

 

 

滋陰降火湯(じいんこうかとう)

喉にうるおいがなく、痰の出ない咳を改善します。

皮膚が浅黒く、便秘気味の体力が衰えている人に用いられます。

 

使用上の注意

著しく胃腸の弱い人や、食欲不振、吐き気、嘔吐のある人、妊婦などは、使用にあたって注意が必要なので、医師または薬剤師に相談してください。

 

副作用

食欲不振、胃部不快感、吐き気、嘔吐、下痢、偽アルドステロン症、ミオパシーなどが起こることがあります。

 

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

喉の痛みがひどいときは、黄連解毒湯を水で薄めてうがいすることで、痛みが緩和します。

黄連解毒湯は、急性胃炎、胃腸カタル、消化不良、胃酸過多症、二日酔い、口内炎などを改善します。

 

使用上の注意

アルドステロン症、ミオパシー、低カリウム血症のある人は使用できません。

妊婦も、使用にあたって注意が必要なので、医師または薬剤師に相談してください。

 

副作用

発疹、発赤、かゆみ、蕁麻疹、偽アルドステロン症、ミオパシーなどが起こることがあります。

sponsored link

Pocket
LINEで送る