Pocket
LINEで送る

例年、冬から春にかけて、ロタウィルス感染症が猛威を振るいます。

ロタウィルスは、幼児が感染しやすく、月齢が低いほど重症化するケースが多いというのは周知の事実です。

あなたも、どこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

一般的には、大人が感染した場合は、軽い症状で自然治癒すると言われていますが、免疫力が低下していると、下痢や嘔吐を発症することもあります。

 

今回は、ロタウィルス感染症について、症状、治療法、対処法、予防法、流行時期、感染経路などについて解説します。

 

症状

%e3%83%ad%e3%82%bf%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%82%b9

まずは、ロタウィルスに子供と大人が感染した場合の症状について解説します。

 

子供

ロタウィルスは、免疫力の低い乳小児が必ずと言っていいほど感染する病気です。

一般的には、0~2歳までの乳幼児が感染しやすく、ほとんどの子供が5歳くらいまでに一度は感染するとされています。

ロタウィルスに感染すると、胃腸炎を起こし、以下のような症状が現れます。

  • 嘔吐
  • 水様性の白い下痢便
  • 腹痛
  • 便秘
  • 発熱(2日間ほど)
  • 倦怠感
  • 胸がムカムカする

また、嘔吐や下痢を繰り返すことで、脱水症状に陥ることがあります。

 

さらに、ロタウィルス感染症では、以下のような合併症をともなうことがあります。

  • 肝機能障害
  • 急性腎不全
  • 脳症
  • 心筋炎

 

大人

「大人がロタウィルスに感染することはあるのか?」

ロタウィルス感染症は、小児が発症する病気としてよく知られているので、大人が発症することはあるのかと疑問に思っている人もいることでしょう。

結論から言うと、大人もロタウィルスに感染します。

ただし、ほとんどの人は子供の頃に一度感染して、免疫を獲得しているはずなので、小児のように重症化せず、軽い症状で治る人が多いです。

 

大人がロタウィルスに感染した場合、次のような症状で治まるケースが多いようです。

  • 軽いむかつき
  • 倦怠感

 

ただし、症状については個人差が大きく、ストレスや不規則な生活などにより、免疫力が低下していると、下痢や嘔吐などの症状が現れることもあります。

 

 

治療

ロタウィルス感染症に特効薬はなく、対症療法が中心となります。

ロタウィルス感染症から回復するには、ウィルスを体外へ排出させる必要があるので、下痢止めなどを使うのはNGです。

嘔吐が頻繁に起こるうちは、食事を控えて、温かい飲み物で水分を摂取し、脱水症状に注意します。

また、嘔吐や下痢により、水分だけでなく、電解質(ミネラル)も失われているので、イオン水やミルクなどを温めて飲むようにします。

 

ただし、嘔吐がひどくて飲み物を飲めない場合は、点滴治療が必要となります。

嘔吐と下痢が同時に起こっているときは、特に脱水症状に陥りやすいので、早めに病院へ行きましょう。

 

そして、嘔吐や下痢が治まってきたら、徐々に消化のよいものを食べ始めます。

ロタウィルス感染症は、発症してから3~5日程度で、下痢や嘔吐などの症状は快方に向かいます。

 

 

症状が治まっても、7~10日くらいは便からウィルスが排出されるので、二次感染に注意が必要です。

 

流行時期

ロタウィルス感染症が流行する時期は、2~5月です。

ロタウィルスの感染者は12月頃から現れ始め、3月頃にピークに到達し、5月まで流行が続きます。

ちょうどノロウィルスの検出数が減り始めた頃に、ロタウィルスの検出数が急激に増加しています。

 

感染経路

ロタウィルスの主な感染経路は、経口感染であり、糞便などの排泄物が口に入ることで感染します。

大人のロタウィルス感染は、子供からの2次感染が多いです。

子供の排泄物や嘔吐物を処理する際に、手や爪などに付着し、それが口に入ることで感染します。

特に、ロタウィルス患者の便の中には、1mlあたり1000億個のウィルス粒子が存在しています。

ロタウィルスは感染力が強く、わずか100個程度のウィルスを摂取することで、感染してしまいます。

 

大人が感染しても、感染したのかどうかすら分からないまま、自然治癒することが多いです。

ただし、感染した人の便には、ウィルスが含まれているので、トイレやお風呂などで、大人から子供に移ることはあります。

 

潜伏期間

ロタウィルス感染症の潜伏期間は2~3日であり、その後下痢症が現れます。

 

検査方法

ロタウィルス感染症の検査には、2種類の方法があり、便による検査と血液による検査です。

一般的には、便による検査(イムノクロマト法)が広く行われており、便を検査キットに入れて、調べるのですが、30分もかからずに結果がわかります。

この検査には健康保険が適用され、医療機関にて、医師が必要と認めた場合にのに行われます。

便による検査は、短時間で結果が分かるメリットがありますが、ロタウィルスに感染しているのに陽性が出ない場合もあります。

 

一方で、血液を採取して行う検査は、便による検査よりも精度は高いのですが、結果が出るまでに時間がかかってしまうデメリットがあります。

sponsored link

汚物処理・消毒

ロタウィルスに感染した人の嘔吐物や排泄物には、ウィルスが大量に含まれており、二次感染の危険性が高いです。

そのため、すばやく適切に処理し、消毒しましょう。

 

汚物の処理方法

まず、患者の汚物を処理する際には、感染を防ぐため、以下のアイテムが必要となります。

  • くつカバー:
    嘔吐物が付着した床に触れないため
  • 手袋:
    手からの二次感染を防ぐ
  • エプロン:
    衣類への飛び散りを防ぐ
  • ペーパータオル
  • ゴミ袋
  • マスク:
    粉塵や飛沫の吸い込みを防ぐ

これらを1つずつ買い揃えるのは面倒なので、以下のような汚物処理セットを購入して、常備しておきましょう。

%e6%b1%9a%e7%89%a9%e5%87%a6%e7%90%86%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88

上の商品は、SARAYAの通販にて、756円で購入できます。

 

汚物や汚物が広がった床は、ペーパータオルで拭き取り、ゴミ袋に入れて、回収します。

そして、次亜塩素酸ナトリウムを含む塩素系漂白剤にて、床を消毒します。

ロタウィルスは、ノロウィルスと同様に、アルコール消毒は効果がないので、注意してください。

 

通常は、キッチンハイターなどの塩素系漂白剤を水で薄めて使うのですが、希釈するのが面倒な方には、薄めずにそのままスプレーして使用できるキッチン泡ハイターがおすすめです。

%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e6%b3%a1%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%bc

 

なお、汚物を処理する際には、換気を行ない、処理後には手洗いとうがいを忘れずに。

 

汚物が付着した衣類の消毒

衣類に汚物が付着した場合は、洗面器に水をはり、洗剤を入れて下洗いします。

そして、塩素系漂白剤を水で薄め、0.02%の塩素系漂白剤溶液を作り、それにつけて消毒を行ない、十分にすすぎ、乾燥させます。

 

お風呂の消毒

ロタウィルスの除菌で、意外と見落としがちなのが、お風呂場の消毒です。

ロタウィルス感染者の便には、大量のウィルスが排出されているので、トイレの後には肛門付近にもウィルスが付着しています。

そのため、浴室では、感染者が触れるであろう風呂いす、シャワーのハンドル、浴槽などあらゆるところにウィルスが付着する可能性があります。

 

そのため、感染者は、家族の中で最後にお風呂に入り、湯船につからず、シャワーで済ませた方がよいでしょう。

さらに、お風呂を使用した後には、次亜塩素酸ナトリウム溶液で消毒します。

 

予防

ロタウィルス感染症を予防するには、手洗い、うがい、除菌の励行が重要となります。

特に、以下の点に注意してください。

  • トイレの後は薬用ハンドソープで手洗い
  • 食事の前は、手指消毒剤などで殺菌・消毒
  • おむつ交換後には手洗い
  • 家族に感染者がいる場合は、便座、ドアノブ、手すりなどを次亜塩素酸水溶液で消毒
  • タオルの共用は避ける
  • 外出の際にはマスクの着用
  • 帰宅したら、うがいと手洗い
  • 感染者の衣類は個別に洗濯する

 

ワクチン

ロタウィルスには、2種類のワクチンがあり、ワクチン接種により、約9割は重症化を防ぐことができるとされています。

ワクチンの費用や副作用などについては、以下の記事で解説しているので、ぜひチェックしてください。

ロタウィルス予防接種の料金、助成金、副作用などに関する情報はこちら

 

まとめ

大人がロタウィルスに感染した場合、胸のむかつきや倦怠感など、比較的軽い症状で治まるケースが多いようです。

ただし、ストレスや睡眠不足などから、抵抗力が落ちていると、嘔吐や下痢などの症状が現れることがあります。

また、大人の感染は、ほとんどが子供からの2次感染によるものなので、冬から春にかけて、ノロウィルスやロタウィルスが猛威をふるう時期は、特に手洗い、うがい、除菌などに気を配るようにしましょう。

sponsored link

Pocket
LINEで送る