代謝拮抗剤・ゼローダ(成分名:カペシタビン)の副作用や薬価についてまとめておきます。

ゼローダの副作用

ゼローダには、以下のような副作用があります。

食欲不振、吐き気、血小板減少、肝機能障害、血糖値の上昇など

 

 

ゼローダの重大な副作用

ゼローダには、次のような重大な副作用が起こることがあります。

脱水症状、激しい下痢、血小板減少、悪寒、汎血球減少、出血傾向、重い肝機能障害、間質性肺炎、重い腸炎、重い精神神経系障害、スティーブンス・ジョンソン症候群、血栓塞栓症、口内炎、感染症、敗血症、骨髄機能抑制、腎機能障害、心障害、手足症候群(落屑、皮膚潰瘍、水疱、疼痛、知覚不全、有痛性紅斑、腫脹など)

 

なお、上記の副作用の詳細については、以下の記事にて説明しています。

薬の副作用まとめ

 

ゼローダの働き

ゼローダは、がん組織内でフルオロウラシルの濃度を高めることを目的に作られた薬です。

フルオロウラシルは、細胞の核酸合成に必要な物質とよく似た構造を持つため、間違って取り込んだがん細胞は核酸の代謝ができず増殖が妨害されます。

がん組織でのみフルオロウラシルの濃度を高めるので、副作用が比較的少ないと言われています。

ゼローダは、これまで乳癌や消化器癌の治療にもっとも多く使用されている抗がん剤の1つです。

使用上の注意

ゼローダを使用する際の注意点についてまとめておきます。

使用してはいけない人

以下に該当する人は、ゼローダを使用できません。

  • 本剤またはフルオロウラシルで重い過敏症を起こしたことがある人
  • テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤を服用中の人、および服薬中止7日以内の人
  • 重い腎機能障害のある人
  • 妊婦または妊娠の可能性のある人

 

使用に注意が必要な人

以下に該当する人は、ゼローダの使用に際して注意が必要です。

  • 肝機能障害のある人
  • 感ん動脈疾患のある人
  • 骨髄抑制のある人
  • 消化管潰瘍のある人
  • 高齢者

 

併用してはいけない薬

テガフール、ギメラシル、オテラシルカリウム配合剤との併用で重篤な血液障害、下痢、口内炎等の副作用が発現する恐れがあるので、併用しないでください。

 

 

その他の注意点

本剤は、緊急時に十分対応できる医療施設において、がん化学療法に十分な知識と経験を持つ医師のもとでのみ使用されます。

医師からその有効性と危険性について十分に説明を受けたうえで本剤を使用してください。

服用によって、感染症、出血傾向の発現または悪化が起こりやすくなるので、状態に十分注意してください。

他の抗癌剤およびワルファリン(抗凝血液薬)との併用により重い血液障害などの副作用が起こることがあるので、定期的な検査を受け、異常が現れた場合は、直ちに医師に報告しましょう。

 

ゼローダの薬価

ゼローダの薬価は以下の通りです。

300mg 1錠 360.2円

 

まとめ

ゼローダは、がん組織内でフルオロウラシルの濃度を高めることで、がん細胞の増殖を抑制する効果が期待できます。

がん組織でのみフルオロウラシルの濃度を高めるので、副作用は比較的少なく、乳癌や消化器癌の治療よく使用される抗がん剤です。

副作用では、食欲不振、吐き気、血小板減少、肝機能障害、血糖値の上昇などが起こりやすいです。

sponsored link