アレルギー性疾患治療剤・ザイザル(成分名:レボセチリジン塩酸塩)の副作用、効果、薬価などについてまとめておきます。

眠気が起こることがあるので、服用後の車の運転は避けましょう。

ザイザルの副作用

ザイザルには、以下のような副作用があります。

眠気、倦怠感、頭痛、めまい、浮遊感、不眠、口渇、食欲不振、動悸、血圧上昇、不整脈など

 

ザイザルの添付文書によると、上記の副作用の発現率について、以下のように記載されています。

成人を対象とした市販後の使用成績調査5759例(小児163例を含む)中207例(3.6 %)に臨床検査値異常を含む副作用が認められた。

主な副作用は眠気149件(2.6%)、倦怠感9件(0.2%)、口渇9件(0.2%)、浮動性めまい8件(0.1%)、頭痛6件(0.1%)等であった。

出典:http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00059189.pdf#search=%27%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%AB+%E6%B7%BB%E4%BB%98%E6%96%87%E6%9B%B8+PDF%27

 

よって、副作用では、眠気が起こりやすいと考えられます。

 

ザイザルの重大な副作用

ザイザルには、次のような重大な副作用が起こることがあります。

ショック、アナフィラキシー様症状、けいれん、肝機能障害、黄疸、血小板減少

 

 

 

 

ザイザルの働き

ヒスタミンの働きを抑え、アレルギー症状を改善します。

服用後、比較的早く効果が現れ、作用には持続性があります。

眠気などの副作用が少ないのも特徴です。

 

なお、ザイザルにはレボセチリジン塩酸塩という成分が含まれています。

レボセチリジン塩酸塩は、セチリジン塩酸塩の光学異性体のうち、より強い生理活性を有するR-エナンチオマーのみを光学分割により生産したものです。

簡単に言うと、最新技術でセチリジン塩酸塩の良いところだけを取り出したのがレボセチリジン塩酸塩ということで、およそ2倍の抗ヒスタミン作用があると言われています。

sponsored link

ザイザルの効果

ザイザルの効果については、以下の通りです。

出典:http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00059189.pdf#search=%27%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%AB+%E6%B7%BB%E4%BB%98%E6%96%87%E6%9B%B8+PDF%27

 

ザイザルは、皮膚疾患に対しては、比較的高い改善率を示しています。

 

次に、ザイザルの効果発現時間と持続時間の目安について説明します。

ザイザルの添付文書によると、薬の最高血中濃度到達時間は平均1時間、半減期は約7.3時間とのことです。

健康成人男性20例にレボセチリジン塩酸塩5 mgを空腹時単回経口投与したとき、血漿中レボセチリジン濃度は投与後1時間には最高血漿中濃度232.6ng/mLに到達した

血漿中濃度の消失半減期は約7.3時間であった

出典:http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00059189.pdf#search=%27%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%AB+%E6%B7%BB%E4%BB%98%E6%96%87%E6%9B%B8+PDF%27

 

よって、効果発現は服用1時間後、薬の効果持続時間は7.3時間が目安となります。

 

 

使用上の注意

ザイザルを使用する際の注意点についてまとめておきます。

使用してはいけない人

以下に該当する人は、ザイザルを使用できません。

  • 重い腎障害のある人
  • 本剤またはピペラジン誘導体で過敏症を起こしたことがある人

 

使用に注意が必要な人

以下に該当する人は、ザイザルの使用に際して注意が必要です。

  • 腎障害、肝障害のある人
  • てんかんなどのけいれん性疾患またはその既往歴のある人
  • 高齢者

 

服用方法

1日1回、錠剤は5mg、シロップ剤は10mlを服用します。

1日最大10mg(20ml)です。

 

併用してはいけない薬

併用してはいけない薬は、特にありません。

ただし、併用する薬があるときは、念のために処方医に相談してください。

 

その他の注意点

眠気が生じることがあるので、危険作業は避けましょう。

季節性アレルギーの人は、好発季節の直前から季節が終わるまで治療を続けましょう。

服用後に効果が認められない場合は、漫然と長期にわたり使用しないでください。

 

ザイザルの薬価

ザイザルの薬価は以下の通りです。

錠剤:5mg 1錠 96.4円

シロップ剤:0.05% 1ml 17.9円

 

まとめ

ザイザルは、第二世代抗ヒスタミン薬であり、ジルテック(セチリジン塩酸塩)の2倍の抗ヒスタミン作用があると言われています。

効果は強いものの、その分眠気が現れやすいので、危険作業は中止してください。

sponsored link