Pocket
LINEで送る

血圧降下薬として有名な武田薬品のザクラス配合LD、ザクラス配合HDの副作用や薬価などについて解説します。

ザクラスの副作用

%e3%82%b6%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%b9

ザクラスには、以下のような副作用があります。

過敏症(湿疹など)、めまい、ふらつき、浮腫、心房細動、徐脈、動悸、血圧低下、ほてり、期外収縮、頭痛、下痢、便秘、口内炎など

 

ここで、気になる副作用がある場合は、以下の記事にて調べてください。

次のページでは、薬の副作用について、詳細に解説しています。

薬の副作用まとめ

 

ザクラスの重大な副作用

ザクラスには、上記の副作用に加えて、以下のような重大な症状が現れることもあります。

血管浮腫、ショック、失神、意識消失、急性腎不全、高カリウム血症、肝機能障害、黄疸、血小板減少、白血球減少、房室ブロック

 

こちらも気になる副作用がある場合は、以下の記事にて調べてください。

薬の副作用まとめ

 

ザクラスの働き

ザクラスには、アジルサルタン・アムロジピンベシル酸塩という成分が含まれています。

まず、アジルサルタンは、血管収縮作用を持つアンジオテンシンIIの働きを阻害することで、血管を広げる作用があります。

アムロジピンベシル酸塩は、血管を収縮させるカルシウムが血管の平滑筋細胞に入るのを防ぎ、冠血管や末梢血管を広げる働きがあります。

アジルサルタン・アムロジピンベシル酸塩は、これらの成分の配合剤です。

 

なお、アジルサルタンにもアムロジピンベシル酸塩にも血圧を下げる働きがあるため、降圧効果がより高まります。

アジルサルタン・アムロジピンベシル酸塩(ザクラス)は、高血圧症の治療に用いられます。

使用上の注意

ザクラスを使用する際の注意事項についてまとめておきます。

 

使用してはいけない人

以下に該当する人は、ザクラスを使用できません。

  • アジルサルタン・アムロジピンベシル酸塩、または他のジヒドロピリジン系薬剤でアレルギー反応を起こしたことがある人
  • 妊婦または妊娠している可能性がある人
  • アリスキレンフマル酸塩を服用している糖尿病の人

 

服用方法

1日1回1錠を服用します。

先に説明したように、ザクラスは降圧効果のある成分が2つも含まれており、降圧作用が強く、薬の作用に持続性もあるので、1日1回1錠の服用で十分な効果が期待できます。

ただし、高血圧治療の第一選択薬として使用してはいけません。

 

ここで、第一選択薬とは、ある病気に対して、最初に投与する治療薬のことです。

第一選択薬には、副作用が少なく、ある程度効果が高い薬が選ばれます。

第一選択薬を投与しても改善しない場合に、副作用の少なさより、効果の強さを重視した第一選択薬が用いられます。

 

併用してはいけない薬

他の薬と併用するときは、必ず医師または薬剤師に相談してください。

 

ザクラスの薬価

ザクラスの薬価は、以下の通りです。

1錠 131.6円

sponsored link

Pocket
LINEで送る