sponsored link

「人と関わりたくない。」

「仕事でも、プライベートでも、人間嫌いだから疲れる。」

「人並みに、人と接していけるようになりたい。」

「人間嫌いの性格を直すには、どうすればよいのか…。」

 

人間嫌いな性格でお困りではありませんか?

 

人間嫌いは、そうなったきっかけや理由を把握し、それに合った対処法を実践することで克服できます。

今回は、人間嫌いの原因と克服する方法などについて解説します。

人嫌いの原因

 

人が他人を嫌いになるのは、以下のような事柄が原因であったり、きっかけになっていると考えられます。

  1. 自分が嫌い
  2. 期待を裏切られる
  3. 大切にしてもらえない
  4. 裏の顔を知った
  5. 努力が評価されない
  6. 過去の人間関係におけるトラウマ
  7. コミュニケーションが苦手
  8. 容姿にコンプレックスがある
  9. 自分の体臭が気になる
  10. 本音と建前があり、信用できない
  11. 八方美人に疲れた
  12. 心の病気

では、順番に説明していきます。

sponsored link

自分が嫌い

人間嫌いの人の中には、他人だけでなく、自分のことも嫌いな人がいます。

これは、自分自身に強いコンプレックスがあったり、他人に認められた経験が乏しかったり、愛されたことがなかったりといった理由から、自分は価値がない人間だと考え、自分を嫌いになってしまうのです。

自分が嫌いで、自分を認められない人は、他人を理解したり、思いやりをもって接することは難しいです。

また、周りの人と関わる中で、人と自分を比較して、自分への劣等感が増幅し、ますます人を嫌いになったり、関わりを避けるようになることもあります。

 

このタイプの人が人嫌いを克服するには、まずは自己肯定を行うことから始めるとよいです。

仕事でも、プライベートでもよいので、小さな成功体験を積み重ねて、自分に自信をつけ、自分を認めることが大切です。

 

期待を裏切られる

他人に対して期待をしたり、何か施しをしたときに、心の何処かで見返りを期待する気持ちは、誰にでも少なからずあります。

しかし、その期待が裏切られたり、見返りが得られなかったときには、相手に対して不満や不信感を抱いてしまいます。

また、相手への期待が自分自身の勝手な思いであることは、あなたがよくわかっているので、口に出して相手に伝えたり、周りの人に愚痴をこぼすことも難しいので、ストレスとして心に残ります。

 

このような経験が何度か続くと、他人を信用できなくなったり、他人と関わるのを億劫に感じ、人間嫌いに発展することがあります。

 

「何の見返りがなくてもいいから、この人の喜ぶことがしたい。」

まずは、同姓でも異性でも良いので、このように思える人を1人探すことから始めましょう。

 

大切にしてもらえない

人間嫌いな人にも、大切な家族、友人、恋人の1人や2人はいるはずです。

その大切な人は、人間嫌いなあなたが最も信頼し、唯一本音で話せる数少ない相手と言えます。

そして、人間嫌いな人は、自分にとって大切な、自分を理解してくれる人を失いたくないという思いが人一倍強い傾向にあります。

 

そのため、あなたが唯一大切に扱っていた人が、自分のことを同じように大切に扱ってくれなかった場合、傷つき、落ち込み、他人のことを信用できなくなります。

例えば、約束をすっぽかされる、約束に遅れてくる、別の友人との予定を優先する、メールの返信が遅い、会話がそっけないなど、些細なことから、自分が軽く扱われていると思い込んでしまいます。

「自分は、相手のためにこんなにもやってあげているのに、なんであの人は自分に何もしてくれないんだろう。」

こういった思いが積み重なることで、親友だと思っていた人を信用できなくなり、周りの人との関わりを避けるようになります。

 

ここで、自分と性格、考え方、趣味、嗜好などの要素が近い人と友人になった方が、大切にしてもらえる可能性は高くなります。

心理学で、類似性の法則というものがあり、自分と共通点の多い人、つまりは似た者同士は仲良くなりやすい傾向があります。

自分にあまり興味を持っていない人を一生懸命振り向かせようとするよりも、自分に好意を抱いてくれる人と仲良くなることで、相手から大切にしてもらえる確率はアップします。

 

裏の顔を知った

親友、恋人、親、先生、上司など、信用していた人または尊敬していたい人の裏の顔を見てしまい、人間不信に陥ることがあります。

例えば、人間的にもビジネスマンとしても尊敬していた上司が、裏では部下の女性と不倫していたり、あなたの成果を横取りして、自分の手柄にしていたりと、信用・尊敬している人の汚い一面を知ったことで、人嫌いになることがあります。

相手への信頼度や依存度が強ければ強いほど、裏の顔を目の当たりにしたときの衝撃は大きいでしょう。

 

努力が評価されない

社会に出ると、努力できる人、学歴の高い人、能力の高い人よりも、要領がよく、立ち回りがうまく、人間関係の構築が上手な人が得をしたり、上司から信頼を得たり、出世していくことがあります。

そのため、真面目にコツコツと努力できる人でも、要領が悪かったり、人に仕事を頼むのが苦手な人は、仕事のスピードが遅いので、なかなか評価が上がりません。

反対に、他人を使うのがうまかったり、仕事をお願いするのが上手な人、上司のご機嫌をとるのが得意な人が早く成果を出して、周りから認められたり、出世していく姿を見ると、嫉妬したり、卑屈に感じることがあります。

 

また、「何で自分はこんなに努力しているのに、成果が出ないんだ。」と悩んだり、誰からも認めてもらえないことに劣等感を抱きます。

そのうちに、真面目に頑張ることがバカらしくなり、周りの人と距離をおくようになったり、人と関わるのが億劫になったりします。

このような場合は、他人の長所を素直に認めて、自分に取り入れるようにすると良いでしょう。

 

誰しも、他人に嫉妬することはありますが、嫉妬してネガティブな気持ちになっても何の得もありません。

相手の良いところを探して、自分に取り入れた方が、明らかに生産的だと言えます。

 

過去の人間関係におけるトラウマ

子供の頃にいじめを受けたり、仲間はずれにされるなど、人間関係のトラウマがある人は、自分以外の他人を信用できなくなり、人間嫌いへと発展することがあります。

過去の傷を引きずっていることが原因で人嫌いになったのであれば、心の傷から目を背けることなく、きちんと向き合ったり、寄り添う必要があります。

自分で解決できそうになければ、信頼できる人に悩みを聞いてもらったり、それも無理なら病院の心療内科に相談しましょう。

 

コミュニケーションが苦手

コミュニケーション能力が低い人、人と会話するのが苦手な人、口下手な人などは、自分から進んで声をかけたり、人の輪の中に入っていくのが苦手なので、周りと距離をおいてしまいがちです。

さらに、自分の気持ちがうまく伝わらずに、相手に誤解を与えるなどして、ビジネスでもプライベートでも、人間関係の構築に苦労している人が多いです。

そのため、次第に人付き合いや人との関わりを避けるようになる人もいます。

 

コミュニケーションが苦手な人は、まずは相手の話しをじっくりと聞くことから訓練することをおすすめします。

話しを聞いてあげるだけで、相手の自尊感情を満たして、心に喜びを与えることができるので、聞き上手な人は、それだけで相手からの好感度は上がります。

 

容姿にコンプレックスがある

容姿に強いコンプレックスを持っている人の中は、自分に自信が持てず、自己肯定ができないために、他人を肯定することができない人もいます。

妬み、嫉み、劣等感などから、自分や他人のマイナスな面ばかりが目についてしまい、自分も他人も認めることができないのです。

そのため、人と良い関係を築くことができず、誰からも理解されないと思い、人と関わるのを避けるようになります。

 

劣等感やコンプレックスが強い人は、物事のネガティブな面ではなく、できるだけポジティブな面に注目し、プラス思考で考えることが大切です。

 

自分の体臭が気になる

ワキガや口臭など、体臭を気にしている人は、他人とコミュニケーションをとるどころか、近づくことさえ恐れています。

会話しているときに相手が鼻を触っただけで、「今、臭ってないかな。」と心配になる人もいます。

その結果、気疲れして、人と関わるのが嫌になるのです。

 

本音と建前があり、信用できない

私たちが所属するコミュニティでは、本音と建前を上手に使い分けることで、人間関係を良好に保つことができます。

この使い分けがうまい人は、仕事を円滑に進めたり、人間関係をスムーズに構築できたりと、いわば世渡り上手と言えます。

社会人なら誰しもが心得ている処世術ではないでしょうか。

ただ、本音と建前を使う場合、ときには、波風を立てないために、嘘をつかなければならないこともあります。

 

ここで、性格が真面目な人の中には、本音と建前を使い分ける人を、うわべだけを取り繕っている、薄っぺらい人として不快に感じる人もいます。

本来、本音と建前は誰しもが使うものなので、真面目な人ほど、他人を信用できなかったり、人との関わりを避けるようになります。

 

八方美人に疲れた

八方美人で、誰にも分け隔てなく、愛想よく接することができる人は、他人に気を使いすぎて疲れてしまい、人と関わるのが嫌になってしまうことがあります。

また、八方美人な人は、周りの人から自分がどのように思われているのかが気になったり、嫌われたくない気落ちが強い傾向にあります。

家族、親友、恋人、友達、同僚、知り合いなどの自分を取り巻く人間関係において、優先順位をつけて対応することで、気疲れしたり、人付き合いに疲弊するのを防げます。

 

心の病気

人間嫌いは、以下のような病気が原因の可能性があります。

  • 分裂病質人格障害
  • 社交不安障害
  • うつ病
    etc

単に人が嫌いなだけでなく、人前で極度に緊張してしまいうまく話せない、赤面する、大量の汗をかく、体が震える、人の視線が怖いなどの症状が現れる場合、社交不安障害を発症している可能性があります。

心当たりのある人は、心療内科や精神神経科を受診してください。

sponsored link

人間嫌いの克服方法

 

人嫌いを克服するには、次の方法がおすすめです。

  1. プラス思考になる
  2. 何かを極める
  3. 自分と波長の合う人を見つける
  4. SNSから離れる
  5. assertivenessを身につける
  6. 転職する

では、順番に説明していきます。

 

プラス思考になる

先に説明したように、人間嫌いの人の中には、自分のことも嫌いな人がいます。

コンプレックスや劣等感から、自分のことを認められないため、他人のことを理解したり、思いやりを持って接することができるだけの余裕がないのです。

このような人は、何かにつけて、ネガティブ思考であり、物事のマイナス面ばかりが目につきます。

そのため、まずは、自分や他人の良いところを見つけるように心がけてください。

 

何かを極める

自分のことが嫌いな人は、自己評価が低く、自分に自信が持てないでいる人が多いです。

そのため、仕事でもプライベートでも良いので、まずは何か特技を作ったり、1つのことを極めてみてはいかがでしょうか。

「自分にもできる。」と思えるようになれば、自己評価も上がり、自分を認めることができるので、心に余裕が生まれます。

すると、他人の見方や接し方も変化し、思いやりを持てるようになります。

 

自分と波長の合う人を見つける

あなたと同じように、人と接するのが苦手だったり、人間嫌いな人は世の中にたくさんいます。

そういった人は、あなたと考え方、ものの見方、感じ方などが近い傾向にあるので、一緒にいて苦痛に感じることは少ないでしょう。

むしろ、気の合う友人になれるかもしれません。

 

仕事上の人間関係を変えることは難しいですが、プライベートであれば、付き合う人を変えるのは簡単です。

今は、SNSもあるので、ツイッターやフェイスブックなどで検索して、自分と同じ悩みを抱えている人にコンタクトをとってみてはいかがでしょうか。

また、グーグルやヤフーで検索すれば、人間嫌いな人が綴っているブログを見つけることもできます。

 

自分と波長の合う人を見つけられれば、あなたのことを受け入れたり、理解してもらえる可能性が高いので、会話がはずんで、人と話すのが楽しいと思えるはずです。

 

SNSから離れる

人間嫌いにも関わらず、他人の動向が気になる人は、SNSを頻繁にチェックしている傾向があります。

SNSにつながっていると、友人・知人の知りたくもない情報を目にしたり、他人の幸せを聞いて、嫉妬したり、自分と比較して落ち込んだりすることがあります。

また、八方美人な人の中には、嫌われたくないがために、友人のSNSが更新されるたびにコメントしたり、いいね!をわざわざ押している人もいます。

これでは、人間関係を面倒に感じたり、疲弊するのも無理はありません。

 

SNSを頻繁に利用しているなら、一度そこから離れてみてはどうでしょう。

 

assertivenessを身につける

assertiveness(アサーティブネス)とは、直訳すると自己主張という意味です。

これは、他人の意見を尊重しつつも、自分の意見をしっかりと伝えることができる能力のことです。

人間嫌いな人は、コミュニケーション能力が乏しい人が多く、うまく自己主張できないことでストレスを抱えたり、相手への不満を溜め込んでしまい、結果的に人と付き合うのが嫌になります。

 

アサーティブネスを身につけることで、例えば友人に約束をすっぽかされたときでも、腹立たしい感情にまかせて、相手に怒りをぶつけたり、怒りの感情を無理して心に押し込めることはなくなります。

「太郎、何か事故とか、トラブルとかに遭ってないよな?3時に来なかったから、心配したぞ!とりあえず、このメール見たら、連絡くれ!」

このように、相手を気遣いながらも、約束の時間に遅れたことに対して、説明するように求めています。

 

相手に素直に謝ってもらえるようなメールをうてるようになれば、相手に不満をつのらせたり、人間関係のストレスを抱えることがなくなります。

 

転職する

会社では、好きな人とだけ付き合ったり、自分の周りの人間関係を変えることは難しいです。

上司とどうしても反りが合わないなどの理由から、職場の人間関係で悩みを抱えているなら、転職するという選択肢もあります。

現在では、大手企業に勤めていたとしても、経営不振からリストラされたり、他の会社と合併して職場が変わったりする可能性は十分に考えられます。

 

そのため、今の会社や職場の人間関係に不満があるなら、思いきって環境を変えるのも一手です。

ただし、妻子がいる方は、家族を養っていかなければならないので簡単には転職できません。

その場合は、まずは副業にて、自力で稼ぐ力を身につけて、収入源を増やすことから始めてください。

 

人間嫌いの人におすすめの仕事

 

人間嫌いを克服できない人や、極力他人と関わりたくない人には、インターネットビジネスがおすすめです。

これは、ネットにつながったパソコン1台があればできる仕事であり、現在サラリーマンの副業や主婦の在宅ワークとして人気を集めています。

インターネットビジネスには、以下のように様々な種類があるので、あなたの特技を活かせるなど、自分にピッタリ合ったものが1つは見つかるはずです。

 

  • クラウドソーシング
  • ブログアフィリエイト
  • 物販
  • ネットオークション
  • ドロップシッピング
  • FX,株
  • youtube広告
  • 素材販売
  • NAVER まとめ広告
    etc

 

また、ネットビジネスの中には、専門知識がなくても、稼げる仕事があります。

上記の中で初心者が最も成果を出しやすいのは、クラウドソーシングです。

クラウドソーシングは、ネットで仕事を受発注できる仕組みであり、まずはクラウドソーシングのサービスを提供している会社のサイトに登録することからスタートします。

クラウドソーシングの仕事では、クライアントとのやり取りもメールで済むものが多いので、人と一切会ったり、話したりすることなく、仕事を行うことが可能です。

 

クラウドソーシングには、様々な仕事が登録されており、初心者におすすめなのが、ライティングの仕事です。

最初は、1記事2000文字の文章で400~600円くらいの単価です。

なお、文章作成のスキルが上がり、クライアントからの評価が高くなると、1記事1000円以上の案件を獲得できることもあります。

投資などと異なり、失敗してもリスクはほぼゼロなので、自力で稼ぐ力を身につけたい人はチャレンジしてみてください。

 

インターネットビジネスの他にも、以下のような仕事は、人と関わる時間が短いので、人嫌いな人にはおすすめです。

  • 清掃員
  • 新聞配達
  • ポスティング
  • トラック運転手
    etc

 

まとめ

「人が嫌い」、「人と関わるのが嫌」という人は、私の周りにも数人いますが、皆マイナス思考で、物事をネガティブに考える傾向があります。

まずは、自分や他人の良いところを探すことから始めてみてはいかがでしょうか。

sponsored link