「転移した癌が消えた。」

「うつが治った。」

「ノニジュースで、健康的に10kg痩せた。」

 

あらゆる痛みを和らげ、100を超える症状や病気を治す健康果実「ノニ」が、今密かに注目され始めています。

そこで、今回はノニの健康効果について解説します。

なお、ノニには副作用を心配する声もあがっているので、そちらについても説明を加えています。

 

ノニジュースの効果

 

ノニには、次のような病気や症状の予防改善効果があります。

  1. 血流障害による病気
  2. 糖尿病
  3. 消化器系の症状や病気
  4. うつ病
  5. 水虫
  6. 炎症
  7. 肥満
  8. 便秘
  9. 骨折
  10. 痛風
  11. 老化
  12. その他

 

では、各項目について順番に説明していきます。

sponsored link

ノニには、ダムナカンタールという抗癌物質が含まれています。

この物質は、癌化した細胞を正常な細胞に修復する作用や癌細胞の増殖を抑制する働きをするので、癌の予防と改善に効果が期待できます。

ノニジュースによって癌細胞が消失したという事例もあるほどです。

 

血流障害による病気

ノニには、スコポレチンという血管を拡張する成分が含まれています。

スコポレチンによって、血管の緊張が緩み、血流がスムーズに流れるようになるので、脳血栓、脳梗塞、心筋梗塞、狭心症などの血流障害が原因で起こる病気の予防、改善に効果を発揮します。

 

糖尿病

糖尿病は、膵臓のインスリンを分泌する細胞であるランゲルハンス島・β細胞(以下 β細胞)の産生機能が低下することで起こります。

インスリンは、血中のブドウ糖を細胞が取り込むときに不可欠な物質であり、インスリンの産生が停滞すると、細胞がブドウ糖を取り入れることができなくなり、体中の細胞は栄養不足に陥ります。

さらに、血液中のブドウ糖が増えていくので、動脈硬化などを起こしやすくなります。

また、糖尿病にかかると、神経障害、腎症、網膜症などの合併症を発症することもあります。

 

ここで、ノニに含まれるゼロニンとプロゼロニンは、β細胞の機能を改善させ、インスリンの産生量を増やす働きがあります。

その結果、インスリンが正常に働くことで、血中のブドウ糖が細胞に取り込まれるようになり、血糖値が下がっていきます。

 

消化器系の症状や病気

ノニに含まれるゼロニンには、細胞や組織を修復したり、炎症を緩和させる作用があります。

そのため、胃や腸の潰瘍・炎症、消化不良など消化器系の症状や病気の改善にも効果があります。

 

うつ病

ノニに含まれるゼロニンには、気分の高揚、体温上昇、消化器の蠕動促進、鎮痛などの作用があります。

そのため、ノニは体と心の苦痛を取り、人を前向きにさせる効果が期待できます。

うつ病の患者が、ノニジュースを飲み始めると、2~3日で気分が優れ、明るさが見られるようになり、表情も生き生きしてくると言われるのは、ゼロニンの効果によるものと考えられます。

 

水虫

ノニに含まれるスコポレチンは、抗菌、炎症抑制の作用があります。

そのため、水虫の人は、患部にノニを塗布することで、白癬菌の増殖を抑えることができます。

また、水虫による炎症も、スコポレチンの抗炎症作用によって回復していきます。

 

炎症

先に説明したように、スコポレチンは抗炎症作用を備えているので、体のあらゆる炎症症状の改善に効果を発揮します。

【スコポレチンで改善できる症状】

関節炎、リウマチ、腰痛、筋肉の炎症、腱鞘炎、四十肩、五十肩、膠原病による炎症、胃炎、胃潰瘍、肝炎、腎炎、内臓の炎症、感染による炎症、皮膚炎、痛風、粘膜の炎症、口内炎、カンジダ症、火傷、しもやけ、打ち身、床ずれ、アトピー性皮膚炎、花粉症

 

肥満

ノニには、体内の毒素を排出する作用があるので、ダイエット効果も期待できます。

ノニジュースを使ったダイエット法については、以下の記事で解説しています。

ノニジュースダイエットのやり方と効果

 

便秘

ノニに含まれるゼロニンは、腸の蠕動運動を促進させる効果があるので、便秘解消にも有効です。

 

骨折

ゼロニンには、強い鎮痛作用があり、モルヒネの75%に及ぶとされています。

そして、スコポレチンには抗炎症作用があります。

そのため、接骨院の中には、骨折の治療にノニを使っているところもあります。

患部にノニを染み込ませたガーゼを貼り、患者にはノニジュースを飲用してもらいます。

すると、翌日には、ズキズキとした骨折の自発痛が止まるというのです。

 

さらに、治療にノニを加えたことで、全治まで通常3ヶ月かかるところが、2ヶ月で完治したという事例もあります。

 

痛風

痛風(高尿酸血症)の改善にも、ノニが効果を発揮します。

尿酸は、腎臓から尿と一緒に排泄されますが、腎機能が低下していると、尿酸の排泄が滞り、体内の尿酸濃度が濃くなります。

この状態が続くと、尿管結石や痛風を発症します。

ノニは、体の代謝を高め、腎臓の機能に活力を与えます。

また、デトックス効果により尿酸を体外へ排出させ、尿酸値を下げます。

 

そして、痛風の痛みは、ゼロニンやスコポレチンの鎮痛作用が緩和します。

なお、痛風によって痛む部分は炎症を起こしており、こちらはスコポレチンの抗炎症作用により鎮めることができます。

 

老化

ゼロニンは、病気や老化で問題が生じた細胞を修復する機能があるので、アンチエイジングにも有効であると考えられています。

 

その他

書籍から情報収集したところ、ノニには、次のような症状や病気の改善効果があります。

アレルギー、関節炎、ぜんそく、免疫力低下、背痛、がん、鬱病、糖尿病、消化機能障害、活力減退、頭痛、心臓疾患、高血圧、HIV、腎臓疾患、肝臓疾患、肺疾患、月経障害、神経性疾患、肥満、痛み、皮膚疾患、睡眠障害、ストレス、視力、脳卒中、疲労、関節炎、捻挫、肩こり、疼痛、リウマチ、喘息、気管支炎、甲状腺炎、子宮筋腫、感染症

ノニによる健康効果が及ぶ範囲は、あまりにも広く、ここで紹介したのはほんの一部です。

では、このように様々な症状や病気に効果を発揮する万能薬ともいえるノニですが、副作用はないのでしょうか?

sponsored link

ノニジュースの副作用

%e4%b8%8b%e7%97%a2%e3%81%ae%e7%94%b7%e6%80%a7

ノニは、ジュースにせよ、サプリメントにせよ、商品に記載されている摂取目安量を守ることが前提となります。

過剰に摂取した場合や、飲みはじめの頃には、次のような症状が現れることがあります。

  • 下痢
  • 倦怠感
  • 皮膚の痒み
    etc

ノニには、150種類以上の薬効成分や栄養成分が含まれているので、飲みはじめたころは、まだ体がノニの成分に慣れていないので、効きすぎてしまい、便秘を起こすことがあります。

そのため、最初のうちは、ノニの摂取量を少なめにしておきましょう。

 

ノニは、代謝を高める効果があり、代謝が上がることで以前よりもエネルギー消費量が増加するので、最初は倦怠感や疲労感を感じることがあります。

こちらも、ノニの成分に体が慣れると、徐々にだるさなどの症状は現れなくなります。

 

皮膚の痒みは、ノニに含まれるスコポレチンの血管拡張作用などにより、血流が改善し、老廃物や毒素の排出が盛んになったサインと考えられます。

ただし、食物アレルギーを持っている人は、発疹などのアレルギー反応が現れることもあります。

そのため、体に合っていないと感じた場合は、すぐに飲用を中止した方がよいでしょう。

 

ノニジュースの味

ここまで説明したように、ノニには様々な健康効果があり、過剰摂取しなければ、副作用のリスクも低いです。

メリットばかりのノニですが、1つ欠点を挙げるとするなら、ノニジュースの独特な味と臭いです。

ネットでノニジュースの口コミなどを見ると、苦い、臭い、渋いなど、その不味さを指摘する意見が非常に多いことが分かります。

ドブ臭いと言われることもあり、鼻をつまんで飲まなければいけないほど、食欲を減退させるような臭いを放っています。

 

一方で、サプリにすると臭いの問題は解決しますが、ノニの含有量がジュースの数十分の1ほどしかありません。

そのため、できるだけ原液100%に近い、無添加ジュースを飲むほうが、より高い健康効果を得られると考えられます。

 

ノニの臭いや味が気になる場合は、他のジュースに混ぜて、苦味や渋味をごまかして飲む方法もあります。

野菜ジュースや果物ジュースと相性がよいようなので、いろいろと試してみて、自分に合うノニジュースを作ってみてください。

sponsored link